革靴についての質問です。

革靴についての質問です。 社会人一年目の者です。 お恥ずかしながら、この度始めてフォーマルに使用できる革靴を購入いたしました。 今までは、革靴の手入れはしていましたが、キチンとしたシューキーパーやクリームを所持はしていませんでした。 そこで現在、自分なりに情報を得て ・コロニル社 シダーシューツリー ・コロニル社 プレミアムディアマント クリーム ・サフィール社 デリケートクリーム の購入を考えています。 購入した靴は、「ジャランスリウァヤ」のストレートチップで、11120という木型の物です。 靴のサイズは、27.5cmの3Eです。 コロニルのシューツリーは、購入した靴にキチンと合うのかどうか、皆様のご意見をお聞かせ下さい。 また、上記以外にお勧めのシューツリーやクリームがありましたら、ぜひ教えて頂きたいです。 よろしくお願い致します。

メンズシューズ1,775閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

ジャランスリウァヤは好い選択をしたと思います。 先ずシュートゥリーですがコロニルのこのタイプはオールデンにも使われていて好いと思います。 只、細くて低い為どんな靴にも適応します。 私はローファーに使っていてジャランの様にグッドイヤーウェルト製法のしっかりした靴にはツインチューブのツリーを使っています。 1.000円代~20.000円オーバー迄有りますので見て下さい。 ・コロニル社 プレミアムディアマント クリーム ・サフィール社 デリケートクリーム この2点は当面要らないでしょう。 と言うと語弊が有りますがどちらもデリケートクリームのカテゴリーで勿論、靴にも使えますが財布、バッグ、ウエアー等のソフトレザーに使うのが主たる目的です。 後に出てくる乳化性シュークリームとは水分の量がずっと多く、トロリとしたクリームになっています。 ソフトレザーに保湿、養分の補給がし易くなっています。 油性のシュークリーム(サフィールノワール等)は水が殆ど無い為、靴に塗布する前に保湿する為の下地として使う事も有ります。 ●必要品 ・馬毛ブラシ ・豚毛(化繊)ブリストルブラシ ・乳化性シュークリーム ・液体クリーナー ・綿生地(Tシャツの切れ端等のウエス)、ストッキング ●簡単に手順を記載しておきます。 ※毎回の手順 1.シューツリーを入れます。(人によって汗を蒸発させる事を優先する為、靴をローテーションする事を前提に翌朝ツリーを入れる人もいますが私は帰宅したら直ぐいれています。 これまで全く問題は有りませんでした。 革が最も変形するのは汗が乾く時だと思っていますので脱いだら入れています。) 2.馬毛ブラシでブラッシングして埃を落とす。 ※月1度の手順です。 1.シューツリーを入れます。 2.靴紐を抜き取って馬毛ブラシでブラッシングして埃を落とす。 3.月に1度の汚れ落としと前回のクリームを液体クリーナーで落す。 4.2.が乾いたら乳化性シュークリームを一足に大豆3個位塗布(綿生地・歯ブラシ) 5.クリームをコバ・縫い目・羽根等にくまなく行きわたらせる為にブリストルブラシ(豚毛、化繊)で刷り込む。 6.10分位して綿生地ウエスでクリームを拭き取る。 7. 綿生地ウエス・ストッキングで艶を出す。 8.靴紐を通して終了。 大体こんな感じですが、靴を安い靴でいいですから2足目、後に3足目を買って中二日でローテーションする事がジャランを持たせる一番の近道かもしれませんね。 ブラシやクリームはとても多く価格もピンキリですが大事な点はリムーバー(液体クリーナー)で前回のクリームを落とすと言う点で、これを怠りクリームを上から塗り続けるとクリームに入っている蝋分(ワックス)が幾重にも重なり何れひび割れる事も有ります。 それと革が本来持っている通気性が阻害されることにもなり靴が蒸れ易く悪臭の原因にもなります。

その他の回答(1件)