ここから本文です

松岡洋右は評判の悪い男ですか?

アバター

ID非公開さん

2007/1/2815:32:10

松岡洋右は評判の悪い男ですか?

閲覧数:
19,039
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

apo********さん

編集あり2007/1/2908:44:28

悪いに決まっている。
『評判が悪い』というよりは、『人間が悪い』がふさわしい。
太平洋戦争に日本を導いた責任は重い。
オレゴン大卒だから、『アメリカに詳しい』と豪語していたが、松岡のアメリカ理解は皮相浅薄であり、以下のように間違いを日本外交でしでかした。

1939年1月、ドイツから日本に、新たな提案がもたらされた。日独伊防共協定を発展させ、強固な同盟にするというものである。内容は、「三国の中の一国が、今後三国以外のある国から攻撃された場合、軍事的に援助することを義務付ける」。それは、日本が、ソ連だけでなく、イギリスやフランスそしてアメリカをも、公然と敵視することを意味する。「はたして同盟を結ぶべきか否か」日本政府は、何回となく会議を開くが、結論が出なかった。そのさなか、8月23日、衝撃的な出来事が起こる。

ドイツが、突如ソ連と接近し、互いの勢力圏を侵さないとする、独ソ不可侵条約を結んだのである。ちょうどその頃日本軍は、ソ連軍と満州国国境を巡って、ノモンハンで衝突していた。そのソ連軍が、こともあろうにドイツと条約を結ぶ。それは、これまでソ連を敵視して進められてきた、日本とドイツとの同盟関係を、根底から覆すものだった。8月28日、時の平沼総理は、「欧州の天地は複雑怪奇なる新情勢を生じた」として、内閣を総辞職する。日本の外交は、完全に行き詰まってしまったのである。

この平沼総理とは、現郵政造反組の平沼氏の父である。

この『日独伊三国同盟』によって、日本はアメリカと敵対し、太平洋戦争に突き進んだのだ。
上の『独ソ不可侵条約』のときに、日本は、『三国同盟』を破棄すればよかったのだ。

松岡洋右には、先見の明もなかった。

戦後、近衛文麿は服毒自殺した。
しかし、松岡洋右は、ベッドの上で死んだ。

↓の回答の方へ、次のようなことだと思いますが・・・
木大山町に中川恭四郎・節子夫妻の長男としてうまれ、生後まもなく一家ごと節子の祖父の弟平沼騏一郎の養子となる。
1939年8月3日、戦前首相を務めた平沼騏一郎の実兄の平沼淑郎のひ孫として生まれる。
2歳のころ、平沼騏一郎の養子となる。

二つ以上は調べました。『子』と表現しても正しいと考えます。
d.hatena.ne.jp/keyword/平沼赳夫

アバター

質問した人からのコメント

2007/1/29 15:04:39

よくわかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2007/1/2822:23:03

国際連盟を脱退して帰国したときは歓呼で迎えられましたが、戦後の評判はすこぶる悪いです。
もし松岡を擁護する点があるとすれば、彼にとって三国同盟及び日ソ不可侵条約は決して戦争が目的ではなく、あくまで日米交渉の具に用いるものだったということではないでしょうか。「満州国の承認」と「支那事変の仲裁」をアメリカがしてくれるのならどちらも破棄してもいいという交換条件です。ところが気まぐれ屋の近衛文麿は、松岡に外交交渉を一任しておきながら、彼の留守中アメリカの甘言にのり勝手に「日米諒解案」を進めてしまう。奉天にて不可侵条約を締結した帰国直後にこの話を知った松岡は激しいショックを受けます。ルーズベルトが日本と戦いたいのは彼がいちばんよく知っていました。そんなうまい話があるはずがない、洋上会談などやめて、アメリカにはぜひ自分を行かせてくれと直談判するものの、結局近衛からは煙たがれ更迭されてしまいます。その後のドイツのソ連侵攻のときも、松岡はあくまで「南進」に反対しますが、これもすなわち彼の考えが「アメリカとは戦争すべきでない」だったからに他なりません。ところが結局、この三国同盟は「バスにのりおくれるな」の軍部に利用されることとなり、松岡の戦略は何もかも裏目にでてしまったと云うほかはありません。
ところでapocalypse666survivalさま、話題の平沼氏は平沼騏一郎の兄の孫だったと記憶していますが私の間違いでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる