ここから本文です

シャンプーの成分、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naについて

suk********さん

2013/5/410:52:36

シャンプーの成分、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naについて

今、結構良いシャンプーを使っているのですがやはりそれなりに値段が高く、これといって「めちゃくちゃ良い!」ってわけでもない(成分が安全なのが多いので、長い目で見れば良いんだと思います、多分)ので、安価なものに変えちゃおうかな?とちょっと思いまして、昨日、気になっていたシャンプーの試供品を使ったところ、しっとりすぎず(パーマかけてるので、まとまりすぎると困ります、ウェーブ出にくい(T_T))良い感じでした。

そこでちょっと細かいですが成分調べたところ、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naという成分が水の次に多いことが分かりました。
この成分はラウレス硫酸ナトリウムなどのように洗浄力が強すぎて、カラーやパーマをも落としてしまう、と書いているサイトが沢山ありました。
私はパーマもカラーもしてるし、ただでさえパーマがかかりにくい&落ちやすいのでそれが本当なら困ります…

でも世の中、ラウレス硫酸などが入っているシャンプーを使用し、パーマかけてる人だってたくさんいますよね。なら、そんなに気にするほどじゃないのかな…とも思っていますが実際のところどうなのでしょうか。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが入っているからと言って、すぐにパーマがとれたりしますか?
肌は丈夫な方なので頭皮トラブルは多分大丈夫と思います。
ちょっとマニアック?な質問ですがお願いします。

閲覧数:
16,429
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

編集あり2013/5/422:31:37

市販の洗浄力が強いシャンプーを使用してパーマ・カラーをしてる人は沢山いる、その通りだと思いますしその方が多いでしょう。
 
シャンプーは髪の内部を洗うものじゃなく頭皮と髪を洗うもので、どんなものでも浸透させない方が良いものです。だから予洗いが大切になり正しく使ってやっと効果が発揮します。

洗浄力が強い成分が入っていても、配合でみるべき商品は一成分で批評するのはおかしなことで、何が入ってるからダメと言う情報を出すなら何と何の組み合わせは最高という情報があっても良いと思います。
そういった情報(アフィリエイト目的)を鵜呑みにすると合わない商品を掴み無駄遣いが増えるかもしれません。

実際に使用してみて問題がなく使い心地が良ければ合ってると思います。
仮にフケなどが出てもそれが成分によるものか、洗いすぎやすすぎ残し、乾燥が足りず雑菌によるものなのか、また体調不良やダイエット、ストレスやホルモンバランスに関係するのか原因など色々です。
ノンシリコンが流行ってますが、それでハリコシを失いパーマが持たない人、シャンプーで頭皮ストレスが積み重なり大量の抜毛や湿疹、薄毛を訴える人など色々です。これからもっと増えていくでしょう。

因みに、自分はパーマもカラーも頻繁にして肌も弱い方ですが、ノンシリコンからシリコン入り(洗浄力が強い市販~美容室のものまで)に変えて落ちが早いというのはないですよ。
美容師が薦めるものが正解ではないし、シャンプー等は配合の問題なので理屈ではないことが多いと思いますよ。

質問した人からのコメント

2013/5/10 22:07:30

どちらの方も回答ありがとうございます。私も、○○と△△の組み合わせは良い、とかいうのがあるサイトがあったらいいのにと思っていました!
やはり、シャンプーの成分については、各人髪質が違うし、ひとことには言えないですね。頑張って自分に合うシャンプーを見つけたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

紺碧671さん

編集あり2013/5/1015:41:44

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、タンパク変性は有ると
言われていますがラウレス硫酸ナトリウムより
生分解性は良かったように思います。
アミノ酸系など洗浄力が優しすぎる場合等に
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naと組み合わせて
洗浄力を上げたりするようです。バランスが大事なんです。
ヘアカラー直後最初のシャンプーに何種類かのシャンプーを
試した事ありますが、(すべて美容室専売品)
ラウレス硫酸ナトリウムがメインのシャンプーが1番色落ちします。
パーマは、落ちませんが配合されてるコート剤が合ってないと
落ちたようになります。コート剤を落とせばパーマはよみがえります。
市販の物におおいのは、強い界面活性剤で薄めに作り乾燥を
誤魔化す為、安価なコート剤でベタツキ持たせる感じ。
成分だけでの評価はオレフィン(C14-16)スルホン酸Naはひくいですが
例えばアミノ酸系等2種類とオレフィンで優しさ、保湿、汚れ落ち、の
バランスが取れていて自分に合っているのなら良いシャンプーと言えます。
シャンプー成分はバランスと自分に合ってるかどうかが大事だと思います。

今お使いの物が何円か分かりませんが
例えば
500mlポンプで1000円位の物の中から
同じ量なら4000円台の美容室專売品と
同じように仕上がるシャンプーは無いと思った方が良いです。
自分に合ってるかどうか?を基準にして成分にこだわり濃度も
十分なら値段に跳ね返ります。妥協は必要です。

違いの感じ方には個人差が有りますが、、
自分に合うかどうか別にしたら
10mlあたり80円のと30円のが同じはずはない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる