ここから本文です

ロードバイクはロングライド用なのになぜ細いタイヤばかりなの?

ric********さん

2013/5/710:16:29

ロードバイクはロングライド用なのになぜ細いタイヤばかりなの?

タイヤが細い分路面の抵抗が少なく、より速く走れるのはわかりますが、その分、体への負担が大きい。調べてみてGIANTのPACEが28c装着可能ということですが、他に28c標準装備か装着可のロードバイクありませんか?小生もう中年の歳ですが、一度隣の県まで遠出したいとか思いまして。詳しい方メーカーとか教えていただけませんか?よろしく願います。

閲覧数:
14,384
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuu********さん

2013/5/711:20:25

28Cではもはやロードバイクではないです。

近頃、
ロードバイクをロングライドに使用しているだけです。
ロードバイクは純粋な競技自転車であるので、身体への負担は致し方ないものです。
最近は十分に道路の舗装が良くなったので、たまたまロングライドに皆さんロードバイクを使用しているだけです。
その負担に耐えられないのあれば・・・、ロードバイクでのロングライドは諦める・・・。

身体への負担が少なく、いわゆる競争ではなく、速さは追求せず、ある程度の年齢で走る行為そのものを楽しむにはむしろ、以前風靡した「ランドナー」や「スポルティーフ」のほうが、むいているのかと思います。
隣の県や遠出(片道200km以内程度)の「日帰り~2・3泊程度」の「サイクリング」が目的であれば、ロード以外の車種を検討してみるのもいいでしょう。
たいてい25C以上の太さです。
http://www.cb-asahi.co.jp/search/path=%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e...
スポルティーフの一例
http://www.araya-kk.co.jp/bicycle/2012/12_EXS/index.htm
ランドナーの一例
http://www.araya-kk.co.jp/bicycle/2012/13_RAN/index.htm

レーサーパンツにサングラスとはまた違ったスタイルです。

質問した人からのコメント

2013/5/8 20:48:44

降参 たくさんの方々詳しい回答ありがとうございました。素人なもので。まとめると、ロードバイクはロングライドに不向き、アルミは乗り心地硬いということですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dru********さん

2013/5/717:31:53

私のクロスは28C、ロードは23Cです。
でも、28Cより23Cの方が体への負担は小さいです。

「カーボンフォークとカーボンシートポスト」

のロードバイクもありだと思います。

そうすれば走行性を損なうことなく快適にロングライドできます。

28Cだとどうしてもペダルがすこし重くなります。これも体への抵抗になりますね。
軽く漕げるのは25Cから、高速域でもロスが少ないのは23Cからを目安にされるといいと思います。
ちょっと値は上がりますが、損はしないと思いますよ。

GIANT DEFY2
http://www.giant.co.jp/giant13/bike_datail.php?p_id=00000039
FELT Z85
http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2013/9432810.html

nit********さん

2013/5/715:07:18

大抵の場合は、空気圧を勘違いして最大まで入れていることが原因です。

100-145PSIのタイヤに120とか140とか入れるのはバカ!

いいタイヤなら、体重にもよるけど80kgまでならで80~90PSIで充分です。体重軽かったら70PSIでもいける。

クロモリロードとか、エントリー~中級グレードのカーボンロードなら、良いタイヤとチューブで空気圧さえ自分に合ったように管理できたら、乗り心地はかなりいいです。

タイヤは耐久性とバランスでルビノプロ3、軽いのがいいならGP-4000sがいいです。この辺なら、80PSIでもパンク知らずです。

GIANTのアルミは乗り心地堅いよ。PACE選ぶのがそもそも間違いです。クロモリならBassoViper、ラレーCRNかCRFなんかを選んでおけば、あとはタイヤとチューブでどうにでもなります。完成車についている標準タイヤのほとんどは堅いクソタイヤなのですぐ捨ててください。

i4k********さん

編集あり2013/5/711:50:43

最近はロードバイクと一括りして云います。(定義が曖昧に成りドロップ・ハンドル車なら全部ロードバイクと云ったりします)
昔はロードレーサーやスポルティーフ、ランドナー、クラブラン等(定義が)細分化されていました。
最近のロードバイク(ロードレーサー)はスピード追求が主で、その為タイヤは太くても25Cまでしか装着出来ないフレーム設計が多いのです。
なので28c以上の太いタイヤを使用するなら、スポルティーフやシクロクロス用の車体を選ぶ必要があります。
余り速度に拘り(興味)が無ければランドナー等も良いと思いますよ。
詳しい事は、老舗のスポーツ自転車SHOPで相談すると良いでしょう。

余談:昨日SHOPでの話題で、少し太めのタイヤ(25C等)が走行抵抗が少なくてトライアスロンで好まれて使用されているとの事でした。
太いタイヤは横の接地面積は大きいけど、縦の接地面積が少なく・・・その方が軽く漕げるのだとか・・・(何でも細ければ良いのでは無い)

die********さん

編集あり2013/5/711:13:40

23Cでも、「チューブレス」という選択肢もあります。

通常のタイヤより、エアボリュームを稼げますし、構造上、空気圧を下げても、走行抵抗が低い為、乗り心地は良いです。バーストやパンクの危険性も少なく、一度、味わうと止められないらしいです。

デメリットは専用ホイールが必要なことと、タイヤがお高いこと・・・。

御一考ください・・・。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ya_********さん

2013/5/710:41:02

理由は簡単で、細いほうが軽くて空気抵抗が少ないからです。ここが最も負担に影響する部分なので。
転がり抵抗に関しては私も勉強不足だったんですが、タイヤは太め(上限はあるでしょうが)の方が転がり抵抗は小さいそうです。
なので、最近は技術的な課題がクリア25cぐらいをレースで使うケースも出てきていますね。

太めのタイヤがいいのであれば、シクロクロスにスリックタイヤでもいいかもしれません。未舗装路ようなので、太いタイヤが装着可能です。
http://cyclocross.jitenshaten.com/
ディスクブレーキのものもあり、カンチブレーキよりもこちらのほうが今からであればいいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる