ここから本文です

教職教養の特別支援教育について質問です。 通級による指導に関してです。

tak********さん

2013/5/1417:35:00

教職教養の特別支援教育について質問です。
通級による指導に関してです。

特別支援教育における内容の、通常の学級に在籍するものの「特別の教育課程によることができる」対象になる障害ですが、調べると以下のように出ておりました。
ここでいう「特別の教育課程による~」というのは書かれ方からして「通級による指導」のことだと理解していますが正しいでしょうか?・・・質問1

ここでの対象者は、以下7項目の障害なのですが、ここでなぜ「知的障害」「肢体不自由者」「病弱・身体虚弱者」が除外されるのかがよくわかりません。・・・質問2

また、通級の対象者という観点でしらべると「知的障害」「肢体不自由者」「病弱・身体虚弱者」も対象であるように書かれることもあります。これまたよくわかりません。・・・質問3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通級による指導に関する規定

○学校教育法施行規則(昭和二十二年文部省令第十一号)

第百四十条
小学校若しくは中学校又は中等教育学校の前期課程において、次の各号のいずれかに該当する児童又は生徒(特別支援学級の児童及び生徒を除く。)のうち当該障害に応じた特別の指導を行う必要があるものを教育する場合には、文部科学大臣が別に定めるところにより、第五十条第一項、第五十一条及び第五十二条の規定並びに第七十二条から第七十四条までの規定にかかわらず、特別の教育課程によることができる。

一 言語障害者
二 自閉症者
三 情緒障害者
四 弱視者
五 難聴者
六 学習障害者
七 注意欠陥多動性障害者
八 その他障害のある者で、この条の規定により特別の教育課程による教育を行うことが適当なもの
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京都の試験ではこれらの種類を選択する問題が出たこともあるようなので、しっかり把握したいのですが、
おしえていただけますでしょうか。

閲覧数:
825
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sne********さん

2013/5/1423:47:23

質問1の回答
「通級による指導」が制度的に一番わかりやすく捉えやすいでしょう。
しかし、そればかりでは無く元学級にいる時間でも必要な支援は行わなければなりません。
でも、その支援はわかりにくく、行っていなくてもおとがめはありません。反対にきちんと行っていても賞賛されることはほとんどありません。

質問2と質問3の回答
ご指摘の障害は以前から特別支援学級に入級してすでに支援を受けているから、通級のような支援は必要ないので対象外なのです。
条文の最後に抜け道は表記されています。
「特別の教育課程による教育を行うことが適当なもの 」のところで特別支援学級に入級していない軽度の知的障害児、肢体不自由児、病弱・身体虚弱児も通級対象にして良いのです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

az_********さん

2013/5/1509:11:07

学校教育法施行規則第百四十条だけだとわかりにくいのですが、同条文に基づき、平成五年文部省告示第七号、14文科初第291号、17文科第1178号等の告示や通知が出されており、これらも併せて調べるともう少し良くわかるのではないかと思います。
(法令改正に伴う条文や用語の読み替えが必要なので、調べる際は注意が必要です)
質問1に関しては、14文科初第291号において、学校教育法施行規則の規定に基づくものとして通級指導を定義付けているので、その認識で良いです。
質問2に関しては、14文科初第291号においてその他の障害として肢体不自由と病弱・身体虚弱を対象に含めていています。
平成二十三年度のデータですが、以下のとおり実際に通級指導が行われています。
肢体不自由
小:五自治体6人
中:三自治体3人
病弱・身体虚弱
小:七自治体31人
中:六自治体19人
知的障害に関しては、同通知においても対象から外されており、実際に行っている自治体も存在しません。
通級指導の位置付けが、通常の学級での学習に概ね参加でき一部特別な指導を必要とする者で、その指導は、心身の故障の状態の改善又は克服を目的とする指導となっていて上限時間も決まっていますが、知的障害の場合はこれでは支援が不十分となるということです。
文科省の公的文書において肢体不自由と病弱・身体虚弱は、通級指導の対象として書かれていますが、知的障害は除かれています。
私的文献であれば、著者の認識不足か、特別支援学級在籍者が通常学級で交流教育を受けるのを混同したものと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる