ここから本文です

アメリカ軍の戦闘機は、今後どう替わっていきますか?

des********さん

2013/5/1423:33:05

アメリカ軍の戦闘機は、今後どう替わっていきますか?

閲覧数:
510
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mi5********さん

2013/5/1500:30:10

米国としては、国防費の削減と殉職者を出さない為にも無人機の開発を強化しています。

F-22Raptorステルス戦闘機(対空戦重視型)、F-35Lightning IIステルス戦闘機(凡庸重視型)の改良や、その後の有人新型戦闘機も開発して行くでしょうが、目的は将来の同盟友好国に輸出する為のビジネスと考えて良いでしょう。
もちろん、それ以前に開発された現役中古戦闘機も一緒です。

武器や兵器のビジネスは利益率が異常に高く、米国の国益に繋がる事になります。

また米国は自国で開発製造された、新型戦闘機を撃ち落とすだけのテクノロジーと兵器を持ち合わせている事を認識しておく事も重要です。

今後の米軍の戦闘機は、X-47Bステルス無人戦闘攻撃機ペガサスや
Falcon HTV2(ファルコンHTV2)無人極超音速機、等々に力を注いでいます。
既に、新型無人戦闘機の飛行実験は順調に進んでおり、従来の有人戦闘機は終焉を迎える事になるでしょう。
全てが売却する訳では、ありませんが・・・

艦船に置いては、GPSや高性能レーダーを完備し、パトリオットミサイル以上の正確性の有るミサイルが搭載されていきます。
莫大な経費の掛かる原子力空母は、今以上に必要性が無くなる訳です。

陸上戦用兵器も同様、ロボット化が進められており、大きく戦闘技術が変革していく事に成るでしょう。

同時に宇宙開発についても、既にスパイ衛星同士の戦闘活動や妨害工作が撃破しているのが現状です。。

米国としては、国防費の削減と殉職者を出さない為にも無人機の開発を強化しています。...

質問した人からのコメント

2013/5/15 01:33:38

驚く 色々と奥が深いのですね!
ご回答ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる