疲れ果てました

疲れ果てました 28歳男です。仕事退職する、一歩手前です。ご相談に乗ってください。 もう疲れました。毎日毎日朝の9時から夜の10時まで残業、やりたくないのに、上司から命令でいやいや残ってやっている状況です。 休みも1日しかない。責任のある仕事のため、プレッシャーでつぶれそうです。 昨日退職したい旨を上司に伝えたが、慰留されがんばりますと言ってしまい、後で後悔。今日は会社を体調不良の理由で休みました。 私自身、役職があり、誰か相談できる人はいないんです。私自身気弱な性格のため、人間関係も苦手で、部下にもなめられてつらい。正直、しんどくて、泣きそうです。 不動産の賃貸の営業を今年で5年目になります。(一度退職して、その際は3年、戻ってから1年半)以前は信頼できる上司がいたため、つらいときでも、がんばれましたが、その人がやめて1年。がんばってきたのですが、もう限界です。 上司には、もう限界です。と明日再度伝えようと思います。 再就職先は決まってはいませんが、もうこんな会社は嫌です。再就職先は難しいとは思いますが、ゆっくり休みたいと思っています。 こんな、私ですが、どう思いますでしょうか?

職場の悩み4,407閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

残業が多い、しかも上司の指示でしたくもない座業を強要される事はともかく、仕事の上で役職の地位にありながら、その責任の重さをプレッシャーに感じ、辞めたい? いくら気弱とはいえ、それではサラリーマンは務まらないのではありませんか? 頑張っても役職に就けない人の方が、世の中には多いと思いますよ、そんな人から見れば、なんて人に甘えている、自立心の無い、あなたのような人が「役職者」になれるのか、不思議を通り越して、呆れるでしょうね。私も呆れました・・・・・・。 再就職を考えているようですが、転職しても、会社員だったら同じ目に合うだけではないですか?職位が上がれば仕事の責任度合も上がってきますし、もっと言えば、職位が無い平社員でも責任はあります。世の中に、責任の無い仕事など、あり得ないでしょう。 今までは、相談に乗ってもらえる上司がいたので、辛くても頑張れたのが、その上司が居なくなったら、もう耐えられない・・・? いい加減に、もう一人立ちしたらどうですか?誰かに頼っていかなければ自分一人では、やっていく自信がないということだろうと思いますが、それでよく役職の地位につけたものですね。 会社の仕事は、中間管理職である役職者の腕と能力でその成否が決まります。つまり、役職者の人柄、能力、リーダーシップ、先見性、責任感が無ければ役職者の責務は果たせませんし、部下からも馬鹿にされるだけですよ。 昨日今日入社した新人社員なら、また一人立ち出来ませんから、先輩や上司を頼るのは仕方ないにしても、部下達から頼りにされる立場にあるあなたが、その体たらくでは、部下は可哀そうです。 一番いいのは、役職を外してもらって、平社員、つまり部下と同等の立場に戻してもらえば、気が楽になるのではありませんか?役職者の責任度合、つまりプレッシャーからは少なくとも解放されると思います。もちろん、働きに見合う処遇になる(降格と賃金カット)は避けられませんが・・・・。 今のままでは、他社に移っても同じ目に遭うことは間違いないでしょう。しかも、部下を裏切ったままで辞めて行く、つまり逃げて行く無責任な上司として、新しい職場で、心機一転、働けるほど、世の中甘くないですよ。 役職者として、つまり自分のためにではなく、自分の輩下の部下のために、働くという風に考えてみれば、どんな困難でも、上司が真っ先に逃げることなど、あり得ないことは誰でも判ると思います。 役職者としての覚悟ができていないのであれば、今、覚悟する時期ではありませんか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

上司に言いましたら、同じこと言われました。もう少しがんばってみます 厳しいお言葉ありがとうございました!

お礼日時:2013/5/27 20:53

その他の回答(2件)

0

辞める理由がネガティブな場合、転職に失敗するケースが多いです。 ・仕事が大変 ・給料が安い ・上司が嫌、等 不満を自分の中で処理できない、ってことです。 次の職場で、同じ状況に置かれたときに また辞めますか? 例えば営業成績が優秀で、今の会社では自分に勝る人がおらず 「自分は、もっとできるはず。もっと活躍できる会社に転職したい」 という理由なら、転職をお勧めします。 まずは、今の会社で誰にも負けない実績を作ることが大切ではないでしょうか。 人事の目からすると、嫌で辞めてきた人って、すぐに分かりますから。 そういう人材は、欲しくないんですよ。 辛い立場であるとは思いますが お若いのに責任のある仕事をさせてもらえるなんて、成長のチャンスじゃないですか。 ここでもっと頑張って、他社から欲しがられるような存在になってからの転職をお勧めします。