離婚の際、養育費を払わなくてもいいケースってあるんですか?

補足

すみません、「子供が既に成人している場合」ではなくて「子供が社会人になった場合」ですね。知ってはいたのですが言葉足らずでした…

母子家庭、父子家庭98,412閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

3人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

「支払うべき養育費は0円です」という解釈ですか!希望しない人もいるみたいですから、絶対払わなければいけないというわけではないのですね。 他の方も色々な回答ありがとうございました!

お礼日時:2013/6/1 21:21

その他の回答(8件)

2

うちは裁判ではなく協議で支払いはなしにしました。 支払わなくていいから今後一切私や子供を含めた家族と関わらない事を条件にしました。

2人がナイス!しています

2

重度障害者やニート、生活保護などです。

2人がナイス!しています

3

たとえ支払いが義務でも、双方にその知識がなければ 「めんどくせー払えんわー」 「え~もらってないわ~」 で、生活保護で面倒見てやる格好で片付きます。法は知っているものの味方ですから。 知らぬが仏

3人がナイス!しています

1

払わなくても良いケースは、「実子でない場合」じゃないですか? 知恵袋の「妊娠・出産」カテゴリには、ほぼ毎日 「誰の子かわかりません」っていう質問が立っています。 彼氏の子ってことにして結婚して、 出産後に違うとばれた場合、 父親にされた男性は、養育費を払わなくても良いでしょうね。 それ以外は・・・、まあ、よほどの低収入で実質支払い不可能とか? そういう場合だけじゃないかと思います。 引き取った側が再婚しても、実親の養育費支払い義務は消えません。 でも、彼氏が出来たとか再婚したとかで払わなくなる人は多いですね。 大変残念に思います。

1人がナイス!しています

1

養育費を払わなくても良いケースというよりも、支払えないケースはあると思います。 先の回答者さん達の言われている通り、相手に収入がない場合・もしくは監護者(引き取った側)の方が圧倒的に収入が多い場合です。 でも、先の方の回答の中に一つ誤りがあります。 再婚して、再婚相手と養子縁組した場合でも、子供への養育費支払いの義務がなくなる訳ではありません。 実の親ですから、再婚相手と同等の養育義務は残ります。 減額にはなるでしょうけどね。 ただ、監護者自身が支払わなくても良いという場合もあるでしょう。 養育費を支払っていない人は、義務者の内8割もいるようです。 裁判をして、当然義務があると判断が下されても、逃げる人は多いようです。罰則もありませんから。 それから、子供が成人したからと言って、養育費が全てなくなる訳ではありません。 未成年の間、養育費が必ず発生する訳でもないのと同じ事です。 養育費は、子供を養育するための物ですから、子供が高卒で社会人となった場合、普通は未成年でもその時点で養育費はなくなります。 成人してもまだ学生なら、卒業までは普通は養育費は発生します。 調停等で養育費の支払い期間を決める場合、子供の将来は分からないものですが、親が大卒であるなら、子供も大学まで進学するだろうと予想されるので、普通は「大学卒業まで」としておきます。 ただ、大学院は認められないことが多いようです。大学院へは、自己責任で行けと言うことだと思います。 ちなみに、うちの子も20才になりましたが、貰っています。 調停で決めましたが、調停員から、大学卒業までが当然とされました。 大学院へ進学する予定は今のところありませんが、医学部なので24才までの予定ですよ。 【補足】を拝見して。 そうだったのですか。 よくあることですから、お気になさらないでください。

1人がナイス!しています