ここから本文です

九州地方のめがね橋について。

r_p********さん

2007/2/1520:14:27

九州地方のめがね橋について。

めがね橋は円周率を知らないとできないと聞きました。これは和算から来るのかそれとも長崎出島でオランダからの知識なのでしょうか。

詳しい方教えてください。

閲覧数:
1,030
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

biy********さん

編集あり2007/2/1621:39:42

熊本県に「東陽村石匠館」があり、その石匠館の資料によれば、
東陽村は江戸期から明治・大正期にかけて全国的に有名になる「積山石工」の発祥の地であり、長崎で円周率を応用した石のアーチ橋の架け方を学んだ藤原林七が、その開祖となる。
とあります。
このことから、オランダからの知識でアーチ橋の架橋を行なったと考えます。
また石積みを支える木製「支保工」がこの円周率を応用して最初に設置されますが(カマボコ型の型枠、この表面に石を並べて石積みが完了すると型枠は撤去されます)これは小さな模型を正確に作り、これを原寸大に拡大して製作 石を積んだとの事です。
{九州の各地に眼鏡橋があるのは、加工のしやすい「凝灰岩」が多く産出されたからであり、私たちの子供の頃(昭和30年代)の国道3号線にも多くの眼鏡橋がありましたが橋の耐える重量が5トンまででありトラック輸送の時代になり、車重量が大きくて重い車は通行できないので取り壊されてコンクリート橋に替わってゆきました}

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bxq********さん

編集あり2007/2/1622:18:08

めがね橋は円周率とは関係ないです。

大きな円を作製し水面を直径の中心部にすれば、
水面にキレイな円形が映し出されます。

ただし条件があります。
水面が一定、そして波が立たない事がたいせつです。

蛇足ですが、
石組みのアーチ橋、作り方は簡単です。
興味が有れば調べてください。セメントは必要有りません。
質問に遭遇すれば回答します。

石は永久に強度を保ちますがセメントには、寿命があります。
世界の遺産で石積みが何世紀も残っているのは確かです。
建設業界では鉄筋コンクリートの寿命も確定されています。
日本の軍艦島(別名)九州です。参考にしています。

den********さん

2007/2/1521:05:51

アーチ構造ですが、桶や樽を作るにも同じような知識は必要かと思います。経験からの知識がありましたので、心(π)は要りません

tot********さん

2007/2/1520:16:38

知らなくても作れるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる