ここから本文です

吃音(どもり) 難発性吃音障害です。 社会人になってからでしょうか。 電話...

hir********さん

2013/6/218:50:25

吃音(どもり)

難発性吃音障害です。
社会人になってからでしょうか。
電話で「お電話ありがとうございます」と言うのですが、
ありがとうの「あ」がつまって出てきません…
最初は電話

だけだったのですが、
最近では接客してお客様に挨拶する時も吃ってしまいます。

以前は、「あ」を抜いて「りがとうございます。」と言って誤魔化していました。
ところが最近ますます酷くなり、「りがとうございます」すら言うのが困難な状態です。
「…とうございます」といった感じになります。
調べに調べて、
「あありがとうございます」と言うようにしてみたり、リズムを作ってタイミングを見計らって言うようにしてみたりといろいろ試してみましたが、やはりダメです。

毎日家でありがとうございますと言う練習をしています。
家では全く吃りません。
練習すればするほど悪化するという記事を見ました。

吃音を意識しないのが一番吃らないと言われても、どうしても意識してしまいます。

彼氏に相談しても、ゆっくり喋ればいい、とか、落ち着いて喋ればいいとか、気にしすぎとか言われます。
ゆっくり喋ろうとしても、落ち着いて喋ろうとしても、どうしても治りません。
非吃音者の方からしてみれば、理解不能なことだと思います…

本当に辛いです。
「ありがとう」という言葉は1番好きな言葉なのに。
全く声が出なくてお客様にも何だこの人という目で見られることもあります。

難発性吃音者の方で、
こうすると上手く言葉が出る、とか
こうしたらよくなった
という方いらっしゃいますか?
是非とも、改善方法を教えていただきたいです。


吃音は治らない。

そんな言葉も耳にしますが、
治ると信じたい。


本当に辛いです。

補足midori3203さん
他の吃音者の方の質問であなたの回答よく見かけてました。
あなたが書いてることも試しましたが、難しいです。
でも治ったという人もいるんですね。

maphoko21321000さん
森田療法というのを調べてみることにします!
あなたの優しさがすごく伝わってきます。沢山治った人を見てきたという言葉にも救われました。本当にありがとうございます。
お客様には誠意をもって接します!

閲覧数:
2,501
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

map********さん

2013/6/219:52:00

辛いと思います…ただ彼氏が理解しようとしてくれていることが幸いです。 私は依然、強迫神経症が酷く、対人恐怖症もあり生きるのも辛く、森田療法のカウンセラーを受け、月一、患者サークルがあって10人くらいで話し合いをする、という機会がありました。順番に自己紹介するのですが、逃げてはいけないのです。だから赤面恐怖症の人は顔を真っ赤ッかにして話す、吃音の人は詰まりながら話す、というように色んな恐怖症状を持ちながら話し合う。皆つらいから、誰の事もバカにしたり笑ったりしません。森田療法というのは、あるがままに生きる!という事が基本理念です。私達のような症状を持つ人は、人に優しく、頭がよく、気遣いが出来、とにかく良い人なんです。ただ人の目が怖いというか、幼少期に何かあった人が多いですね。だから頑張ろうとすればする程、酷くなります。開き直る事の出来る性格ならとっくに治っています。根が深いのです。でも開き直るしかないのです。森田療法についてはネットや本が結構出ていますから調べて見て下さい。貴女が誠意ある態度でお客さまに臨めば決して貴女がどもってしまっても馬鹿にはされません。自信を持つことです。緊張すればする程酷くなります。でも逃げては駄目。もし貴女を笑う人がいても、その人は貴女を助けてはくれません。恥ずかしがらないで。沢山治った人を見てきています♪

質問した人からのコメント

2013/6/3 23:57:04

感謝 3人の方、回答ありがとうございます!どの意見も参考になります。

この質問をしてから、意識しすぎたせいか吃音が悪化してしまいました。

でも、絶対治します。ゆっくりでもいいから治していきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lem********さん

2013/6/315:54:06

私はいま井坂京子さんの「吃音改善プログラム」というのをしています。

トレーニング自体はくっそ簡単ですぐに出来ちゃう内容なんですが、
なんていうか。

吃音って身体だけじゃなくて、心の病気なんだなぁ~って最初はちょっと凹みました。でも、なんだろう。いろいろな「改善方法」って呼ばれるのがあるとおもうけど、

それって結局自分に「合うか」「合わない」だと思うんです。

買っても「やらなきゃ」治らないし
やっても「合わなきゃ」治らない。

同じ言葉でも「言っている人を信頼できるか」で、自分の思いって変わってくると思うんですよね。

私が今買ってやってる井坂先生も「吃音は治らない」といわれるけど「治る」って言い切ってます。でも、治るって言うのは「アナウンサー」のように話せるようになる。ってわけじゃないです。

普通の人、友達みたいに何も考えずに「話す」事が出来るようになる。事が「治る」事だと言ってましたよ。

いろんな方法があって迷いますよねぇ~

mid********さん

編集あり2013/6/319:17:05

①ありがとう・・を、りがとう
②あありがとう
③リズムを作って
④家で練習
⑤意識しないのが良い
⑥彼のアドバイス

これらは全て間違っています。全く良くならないのが何よりの証明です。


「ありがとう」という言葉は1番好きな言葉なのに。
全く声が出なくてお客様にも何だこの人という目で見られることもあります・・・・・・回答してくださる皆様には使わないんですか?

森田療法、井坂京子さんのことは、コメントしません。吃音で有名な伊藤伸二さんも著書で・・・吃音を治すにはゆっくり話すしかない・・・・・とハッキリ書いています。森田療法で治すにしても、ゆっくり話すことが大切です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる