ここから本文です

戦国時代 第4回川中島合戦は引き分けと言われてますが上杉軍の戦術的勝利 戦略的...

rai********さん

2013/6/1500:48:28

戦国時代
第4回川中島合戦は引き分けと言われてますが上杉軍の戦術的勝利 戦略的敗北ですよね?

閲覧数:
315
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lai********さん

2013/6/1513:10:10

戦いの勝敗は最期に決まるものです。この戦いでは前半は上杉方が優勢、後半は武田方が優勢です。したがって戦いは武田方優勢のうちに終わったのですから、戦術的にも武田の勝利だと思います。戦場清掃(死体処理と武器の回収)も武田方が行っています。当時は戦場清掃を行った方が勝ち、との慣習がありました。またこの後、川中島一帯は武田の勢力圏となり、上杉方の勢力は及んでいません。戦術的にも戦略的にも、武田の勝ちでしょう。ただ、武田方では副将とも云うべき武田信繁、諸角豊後守などの大物が戦死しているのに対して、上杉方の大物は戦死していないため、上杉方の戦術的勝利の印象が強くなったのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

qzp********さん

編集あり2013/6/1513:08:14

戦いは何のために行われるのか考えてみてください。勝ち負けの結果は領地の支配権を取れたか否かで明らかにされますが。
第4回川中島の戦いの場合には、武田側は善光寺平の支配権を上杉に奪われてはいません、武田がさらに以北の支配権を上杉から奪取したこともありません、武田が上杉を旗下に収めた事も上杉が武田を旗下に収めたこともありません、だから引き分けなのです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる