ここから本文です

タバコを吸うと本当に頭が悪くなるんですか?

mer********さん

2013/6/1722:46:09

タバコを吸うと本当に頭が悪くなるんですか?

閲覧数:
1,194
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sta********さん

2013/6/1906:03:29

むしろ喫煙者が禁煙すると大概頭は悪くなる。
ほとんど例外なくね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kao********さん

2013/6/2321:39:02

どうやらそのような相関関係があるみたいですね。

私は今までタバコ吸う様な人は吸い始める前から頭悪いと思ってました・・・

sks********さん

編集あり2013/6/2123:59:03

『頭が悪くなる』→頭が病気を持つのではなく、それとは無縁に『頭の知的水準が下がる』?という捉え方でいいのでしょうか?

本来なら『頭が障害を持つ』と言う事と、『頭が悪くなる』と言う事は、まったくの別問題で違う事だと思います。
もちろん、『頭が障害を持つ』ということは、結果的には、周りの人から見ると、『頭が悪くなる』という症状を引き起こしているかのようにも映り、それはそこに含まれるという考え方もあってもおかしくないですが、それはその中の部分集合ともいえます。

私が思うに、人の頭の良し悪し、脳力なんて、親から遺伝により引きずり受けたものだと考えます。

人は、塾に通って成績が伸びたなどと言う人がいますが、それはただ単に、その時はその時で、あくまでも成績が伸びただけの話。つまり、その時は覚えるべき学習内容について、要領良く学ぶことができたというだけの話にしか過ぎません。決して、頭が良くなったわけではないのです。
そんな事言ったら、みんな、途中から、揃いも揃って、頭が良くなるという事になってしまいます。
そんな事あり得ませんね
人は生まれつきにして、頭の良し悪しは決められてしまっているのです。

頭が障害を持つといえば、認知症があります。その中で最も多いとされるのが、アルツハイマー病ですが、最近では40、50代からの若年性アルツハイマー病が増え、問題になってきました。

このアルツハイマー病、面倒なので、いちいちリンクは、貼り付けませんが、研究によれば、かつては喫煙がこの病気に予防効果があるものとして報告されてきました。

しかし最近の研究報告によると、その因果関係は薄いとされる報告が示され、そちらの説のほうが有力視されるようになってきています。(本当のところは、私には分かりません。)


仮にこれが真実だったとします。
するとそれは頭が病気になり、障がいを持ったと言う事になります。頭が悪くなったのではありません。頭が病気になって障がいを持ったのです。その症状の一部としてして、頭が悪くなったとお見受けするようになりますが、本質部分が違います。

それと、喫煙すれば、一時的には、頭の活動が不活発になる事はあっても、それはあくまでも一時的なもので、再び元に戻っていきます。

the********さん

2013/6/2011:59:07

ここのカテにいる喫煙者の発言を聞いていれば答えは分かりますよ。

kur********さん

2013/6/1811:30:17

調べてみました。

すると答えはYES。

以下引用
タバコをいつも吸っていると、脳もそれに対する防御を試みるようになります。ニコチンが過剰になるぶん、アセチルコリン受容体の感度を下げているのです。そのため、タバコを吸っている人が禁煙すると、アセチルコリンに対する反応が弱くなりすぎ、しばらくは本来の自分より「バカ」な状態になってしまいます。もちろん、しばらくすれば本当の自分が返ってくるのですが。

という事は吸うたびに一過性のバカになるとの事。常時吸ってる人は常に頭が働かない状態になっているみたいですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる