ここから本文です

法人の消費税について質問です。特例?がよくわかりません。

hir********さん

2013/6/1919:36:55

法人の消費税について質問です。特例?がよくわかりません。

現在、個人事業主で売上は3000万ほどで消費税課税事業者です。

来月に法人にする予定です。(資本金500万。決算は7月として)

おそらく1年目(H25年7月〜H26年6月)から個人事業主の時と同額程度の売上高3000万ほどだと思います。課税事業者になります。



調べてみますと、
『H25年以降の会社は特例?かで、半年の売上高が1000万を越える場合、その年から課税事業者になる』


のようなことが書いてあるのですが、『新設して2年間の免除はなくなった』ということなのでしょうか?

この場合、H25年7月〜H26年6月まで→ 決算 →即、消費税支払い。となるということでしょうか??


すいませんが、どなたかご教授お願いします。
宜しくお願い致します。

補足補足です。
当方、売上3000万程度ですが、人件費が2000万ほどかかっているので、半年で給与総額1000万は越えてます。

上記を加味しますと、



H25年7月〜H26年6月は今年度は2年前がないので非課税事業者で免税。
だが、売上1000万オーバーなので、2年後は課税事業者。(従来通り)


H26年7月〜H27年6月は2年前はないが、半年で売上、給与総額共に1000万を越えている。これが特例にあたり、H26年7月〜H27年6月分の消費税は支払うでよろしいでしょうか?


なんか同じようなことを聞いている気はするのですが、ちょっと混乱してるので、すいませんがよろしくお願いします。

閲覧数:
426
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tok********さん

編集あり2013/6/2012:21:47

平成25年7月1日から平成26年6月30日の課税期間は申告納税義務はありません!

まず個人から法人になるため、基準期間(2年前)の課税期間の課税売上高の判定は引き継がれません→従前どおり


新法律(特定期間)とは平成25年1月1日以降開始する課税期間において6ヶ月間の期間(1年の半分)において

課税売上高が1000万円を越える場合又は支払給与総額が1000万円を越える場合は

翌課税期間は納税義務が発生する。


質問方の場合(売上高3000万円)では、法人二期目平成26年7月1日から平成27年6月30日から納税義務が発生します。
ただし、支払給与総額が1000万円以下であれば納税義務はありません。


(補足について)
仰有るとおりです。補足前には給与のことが明示されていなかったので、上記の様な回答になってしまいました。

(結論)

法人設立初年度は申告納税義務なし。


二期目は新法「特定期間」売上高・給与支払総額基準に該当し、申告納税義務あり。


三期目は従来の基準期間(年間売上高1000万円超)に該当し、申告納税義務あり。

以上のようになります!

質問した人からのコメント

2013/6/20 19:48:29

降参 ご丁寧なご回答ありがとうごさいます。むやむやになっていた所が解決出来ました。ご教授してくださったお二方共ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

buc********さん

2013/6/2009:46:42

新設してから2年間の免除はなくなっていません。
新たに非課税事業者であっても、前事業年度開始から6箇月間の課税売上高が超える場合、課税事業者となる特例が設けられました。なお、6箇月間の課税売上高に代えて6箇月間の給与支払い総額を判定に用いることができます。

即ち、新設年度は前事業年度がないので特例対象外(非課税事業者)となります。
2年目についても半年で課税売上高が1000万円を超えても、この間の支払い給与の総額が1000万円を超えなければ免税事業者です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる