ここから本文です

秘密集会タントラの神髄はどこにあると思いますか?

srt********さん

2013/6/2113:23:13

秘密集会タントラの神髄はどこにあると思いますか?

金剛頂経のフィナーレを飾り中期と後期を分ける重要な存在であることは言うまでもなく、

インドの文化および歴史的背景をよくよく学べば、味わいが出てくるタントラだと思うのですが、

それ以外にも教理の中に何か重要なことが隠れているような気がしてなりません。

まさに泥の中から蓮華が花咲くように、汚わいな表現の中に巧妙に真理が隠れているような気がします。

一般に仏教徒を名乗る人たちが抱くような、タントラ経典を汚物を見るかのように否定するような気持ちは不思議と湧かないのです。

閲覧数:
665
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2013/6/2205:12:56

グヒヤサマージャですか・・・。
戒律の否定は、心経にもその萌芽がみられます。理趣経もそうだしね。
つまり、「不生不滅~」以降の空観は、一切の相対概念の止揚を説いているでしょう?
悪がなければ善はないのだから、破戒がなければ持戒は意味を持ちません。
穢れがある、というのは邪見だし、清浄があると見るのも邪見なんです。

言い換えれば、顕教における戒律は守るべき徳目だけど、密教じゃ相対概念を完全否定しちゃうから、戒律にとらわれる必要なんかないし、そもそも修行完成者が戒律を犯すはずがないのですから(六波羅蜜を完成してるから、つまり、完全なる持戒、意識すらしない持戒ができてる)、戒律なんか意味を持たないんですよ。

一切の価値観の否定のあとに、あるがままの実相が出現する、まぶたを開いた人には闇はないのです。
闇は光に依存しますが、光は闇に依存しているわけではありません。まぶたを開けばそこに最初から一切があったんだよ、ってことですかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる