ここから本文です

AGAについて教えてください

kinseiniti1984さん

2013/6/2213:04:43

AGAについて教えてください

友人が月々3万円もするAGA治療を行おうとしているのですが、本当に費用対効果は得られるのでしょうか?
また、いろいろ見てみると、月々7500円からあるという情報もあるのですが、だまされていたりしないでしょうか?


もうすでにいろいろと申しこんでしまっているようですが、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
1,878
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bables555さん

2013/6/2813:30:01

私の場合、AGA薬のフィンペシア、ミノキシジルとL-リジンの服用半年でフサフサになりました。
個人輸入代行で購入すれば約半年分で1万以下の費用しかかかりませんのでお勧めです。月に1500円程度です。
以下サイトで実体験を詳しくレポートしております。
参考URL:http://78364aga.seesaa.net/
ご友人が同じ悩みから解放される事を祈っております。

質問した人からのコメント

2013/6/29 01:05:20

友人に奇跡が起こるのを信じております

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/6/2711:43:37

自分もAGAに悩んでいたことがあり、数千円~万単位の治療法を数々試していた時期があります。
しかし、結果は。。。
もちろん、体質には個人差がありますから、私が効かなかった治療法がご友人に効く可能性もあります。

ですが、私の場合は諦めてオーダーカツラを使っています。
最近のは全然わかりませんね。
かつらオンラインってサイトで作りましたが、かなり自然です。
使うだけでかなり気が楽になりましたし、こういうものを使いながら治療をするのもありだと思います。

2013/6/2311:40:23

7500円は一般的な病院で処方されるプロペシアの価格です。診察料は別となります。

また育毛クリニックは基本的に月に3万円くらいの治療費となります。さらに服用薬のミノキシジルタブレットやプロペシアに加え、ミノキシジルやフィナステリドの育毛剤の併用を薦めているクリニックもあるようですが服用に加え、塗布まで一緒に行うことは両成分の過剰使用となる恐れがあります。現在ミノキシジルタブレットはリスクや管理の難しさ。効果を検討した結果、育毛目的で海外で処方はされていません。服用と塗布は両成分の過剰使用となるので行わないように各国の保健省が通達を出しておりました。

日本の多くの育毛クリニックがミノキシジルとプロペシアによる育毛医療を導入しておりますが特にミノキシジルタブレットに関しては現在海外では育毛目的で使用はされておりません。


プロペシアの副作用やミノキシジルタブレットは日本で知られている以上に大きなリスクであるのですがその説明が医師からも十分されていないのが実情です。

AGAの対策はプロペシアだけではなくほかの方法でも育毛は可能です。ですがそれと共にミノキシジルやプロペシアなどのそれぞれの役割をご理解いただいたほうが良いのかと思います。

ミノキシジルとプロペシアが最新の育毛方法であると日本では考えられておりますが海外では10年近く前に一度この方法がアメリカやEUでもちいられたのですがミノキシジルタブレットの服用の難しさや健康に対する害などが問題となり、育毛目的でこの薬を使用することはなくなりました。

特にミノキシジルなどの血行促進は髪の芽となる産毛などを生え戻すことはあると思いますがそこから髪が以前と同じような長さに成長しないケースが多く、もっとも効果的であると思い込んでいたミノキシジルとプロペシアを併用しても効果が限定的であると落胆される方たちが多くおられます。

また塗布用ミノキシジルに限らず他の育毛剤にしても現在の質問者様の毛穴などに老廃物や角化した皮脂などが詰まっているかどうかによっても育毛剤の浸透量は左右されます。育毛剤を塗り、プロペシアを飲めば育毛するのではないかと思いこむよりもご自身のご職業やお住まいの地域の気候環境など自分でしかそれらが頭皮に及ぼす影響に対処することはできません。ですが基本的な日常のシャンプーなども有名商品や話題の成分だけに頼るのではなくちょっとした工夫を行うことはとても大切です。

またミノキシジルも濃度によって塗布の頻度が変わってまいります。たとえば10%を超えるものであれば1日に1回の塗布となります。ですが範囲が広ければ1ミリという量でカバーできる範囲も限られてしまいます。だからといって無理に高濃度のミノキシジルの量を増やして塗布されると動悸などが現れるケースがあります。

またミノキシジルとプロペシアでは根本的な役割が違います。ミノキシジルは直接的にAGA対策になるものではないので服用であろうが塗布であろうがAGAを改選する目的のものではありません。

またミノキシジルも生え際に効果がないのではなく元々生え際に比べると頭頂部のほうが回復が比較的容易で生え際などのほうがどなたでも回復に手間取ります。

しっかりとケアを行えば生え際であっても回復は期待できますがそれをミノキシジルとプロペシアだけで改善できるものではありません。


海外ではミノキシジルタブレット(ロニテン)を他の病気の治療薬として用いられており、服用するに当たっての徹底した検査の必要性なども理解されておりましたが日本ではロニテンが使用されておらず、ミノキシジルを服用するための錠剤程度に考えている医師や一般の方たちが多いようです。ただ海外ではロニテンを育毛目的で使用しても服用しての効果に対してのリスクがあまりにも高く、FDAなどによって明確に育毛目的には適さないと発表されています。

確かにミノキシジルは育毛効果などを認められておりますがこれは血行を促進することで毛髪の元とのなる血液中のタンパク質が毛乳頭により多く供給されることで髪の育成を活発にすることが目的です。

それが効果がないと塗布用のミノキシジルの濃度が濃くしていき、最終的には服用という方法が最善だと考えられておりますが濃度を変え、使用方法を変更したとしても産毛などが生え出るケースは多いと思いますがお話のようにそれが成長して以前と同じような長さに伸びる確率があまりにも低いことからミノキシジルの濃度を安易が上げたり、服用することが最適ではないとされました。

また日本では迷信的に体毛が濃い人が薄毛になる。男性ホルモンが多いことで薄毛は進行する。そのため、体全体の男性ホルモンを制御することがもっとも重要だという定説が広がっております。

プロペシアの副作用にも懸念はありますが強制的に男性ホルモンを抑えたとしても一般的に得られる主な効果は脱毛本数の減少だと思います。頭部に集中してAGA対策をとられるのであればもう少し効果が期待できると思いますが服用する形の場合には薬効成分が頭部まで到達しピンポイントで作用するわけではありません。この問題は服用するプロペシアやミノキシジルの双方で起こっており、どのような服用薬もピンポイントで希望する箇所のみで作用させることができません。

そのため、体の別の場所に回ってしまった薬など別の形で作用してしまい、それが健康に害を与えるようなものでなければ良いのですがプロペシアとミノキシジルタブレットの場合には精力減退やED、胸水などを誘発する可能性があります。

それに対して得られる大半の効果は抜け毛が減少し産毛などが生え戻るという程度でとどまってしまいます。

そのため、過剰なミノキシジルの使用をせず、産毛などを成長させるのにすぐれている低出力レーザーなどが注目をされており、さらにAGAへの効果も2010年にFDAで承認されてからはプロペシアの代替案としても推奨させるようになりました。

多くの方が髪を生え戻すことが重要であるとお考えなのですが実は頭皮を拡大してみると肉眼では確認できないような産毛などが残っておられる可能性はあります。ですがそのような産毛が肉眼で確認できるほど成長しなくなっているので薄毛のように見えてしまいます。

その方の状態によっても異なりますが新たな髪を生え戻すことも重要ではありますが新しい髪の芽であろうが残っている産毛などがその周辺の髪と同じ長さに成長しなくては改善とはいえません。

残念ながらミノキシジルタブレットとプロペシアを服用を続けても産毛が成長する確証はありません。それであれば髪の成長などを得意とする育毛ケアを行っていただいたほうが良いのではないかと思います。

ちなみに添付している画像は生え際に低出力レーザーを照射しての回復例のひとつです。ミノキシジルやプロペシアなどを使用された回復例ではありません。

以下でご紹介をします低出力レーザーも日本のアンチエイジング病院が定価よりも3万程度高く販売をしていたり、日本全国に育毛専門病院を数件運営する発毛クリニックチェーンは価格の倍以上で販売をしております。

今年に入り、低出力レーザーの販売を様々な病院が初めておりますが通常価格より遥かに高額になっております。

以下はアメリカFDAが低出力レーザーのAGAに対して効果を男女それぞれに承認した発表です。月に3万円という治療費が妥当であり、継続的に支払うことが可能かどうかは良くお考えいただいたほうが良いと思います。

男性のAGA型脱毛(Androgenetic Alopecia)に対しての承認を認めたFDAの発表 2010年
http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00947219?term=hairmax&rank=1

女性のAGA型脱毛((Androgenetic Alopecia)に対しての承認を認めたFDAの発表 2011年
http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT01016964?term=hairmax&rank=5

昨年開催された全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会において上記内容が正式に発表されました。低出力レーザーの承認は以下のように、2009年12月から2011年3月までの期間、25歳から60歳を対象に行われました。

ISHRS(国際毛髪学会)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会のひとつです。その学会の中でも低出力レーザーについてはその育毛効果を学会HPに掲載しております。

http://www.ishrs.org/articles/low-level-laser-therapy.htm

以下の画像は低出力レーザーでの回復例になります。

ミノキシジルタブレットの実情やプロペシアの副作用だけではなく、健康な髪が成長する頭皮ケアの方法もご紹介しております。またミノキシジルやプロペシア以外の育毛方法についても過去に書いた知恵ノートでご紹介しております。

よろしければ参考にしてください。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=kaminon...
それかyahooプロフィールをご覧いただければ直接ご質問をいただけると思います。
http://profiles.yahoo.co.jp/-/my_profile/?sp=mqufOCM6eqvjgm_rnvStX1...

以下は掲載している知恵ノートの中でも特に読んでいただけると参考になると思います。
プロペシアの副作用をFDAが公式発表
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84922
プロペシアの副作用を誘発する研究においての新たな発表 2013年
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n168818
育毛薬、ミノキシジルタブレットの実情
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n102335
育毛薬 ミノキシジルタブレット(ロニテン/Loniten)の誤解と現状
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n85700
育毛剤、ミノキシジル、プロペシア以外の育毛方法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84851

7500円は一般的な病院で処方されるプロペシアの価格です。診察料は別となります。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。