ここから本文です

会社の関係で葬儀が行なわれることが何度かありますが、最近「香典を辞退」するっ...

shi********さん

2013/7/108:23:47

会社の関係で葬儀が行なわれることが何度かありますが、最近「香典を辞退」するってのが多いように思います。
これは生前お世話になった故人への感謝の気持ちもあるのに、「そんな気持ちはいりません」と

言っているように思えてなりません。

実際、喪主はどういう思いでこのように申し出ているのでしょうか。

閲覧数:
742
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

wak********さん

編集あり2013/7/109:01:16

都市部では最近、主流になった家族葬ですね。
メリット、デメリット両方有りますが、いずれ全国的にも主流になるでしょう。

家族葬は基本的に故人の3親等くらいまでの親族、姻族、他に故人と極めて親しかった人がいれば一人か二人を追加して小人数で行います。

家族葬をする人の意図は

1. 遺族が参列者への応対で慌ただしいことなく、故人とじっくり別れを惜しむ事ができる。
2. 職場関係など故人と面識も無いのに儀礼として来る人に仕事を休ませるなど迷惑をかけたくない。
3. 香典、香典返しなど煩わしいことは、お互い様で、もうこれ以上は止めましょう。
4. 小人数なので自宅でもでき、会場を借りても小部屋ですむので低料金。
5. 人数確定なので飲食、粗供養などが余った、足らないで慌てることがない。

今後は少子化で親戚は少なくなり、核家族化、独居世帯の増加で葬式の規模は縮小の一途を辿ります。

>生前お世話になった故人への感謝の気持ちもあるのに、「そんな気持ちはいりません」と

香典、香典返しを遺族が煩わしいと思うなら仕方ありません。

実際、ここ知恵袋にも下記のような質問があります。
Aさんに香典1万円を出したことがありますが、立場が変わったら5千円しかもらわない。どう思いますか。
49日をだいぶ過ぎても香典返しが届かない。喪家に気付かれず、何時発送したか調べる方法ありますか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kws********さん

2013/7/109:26:08

故人への思いを現金で表されるのが嫌という人も居ると思います。
喪家としては、会葬して頂けるだけで故人へのお気持ちは十分に伝わりますので。

fum********さん

2013/7/109:11:15

私は僧侶ですが、常々質問者のような疑問は持っています。

香典の意味には大きく二つあります。

一つには、昔からの冠婚葬祭だけは、人手もお金もかかるので、お互いの関係には封印して、助け合って行う、互助精神です。

江戸時代の、村八分の掟から冠婚葬祭だけは除外されてることも、主にこの理由によります。

もう一つは、質問者が記されてるように、故人への感謝の気持ちを、何を御供えすればわからないので、必要な物を買って、お供えして下さいと云う気持ちで、お金を喪主に託すのです。

最近は、会葬者に負担をかけないとか理由もあるようですが、それなら頂いた金額をそのまま商品券で香典返しすれば良いだけです。
また、香典返しが面倒くさいと云う理由もあるようですが、一人の人間の最後のセレモニーが面倒くさいなら、喪主失格だと思います。

同じような意味で、「家族葬」が流行っていますが、亡くなった人が生前、どれだけの人にお世話になったのか、又はお世話したのかなんて、喪主にわかるはずがありません。
多分、亡くなった人でさえわからないはずです。
そのような人との最後のお別れの場を取り上げるのは、家族や喪主として、いかがなものかと思っています。

見栄を張らなければ、助けて頂いた香典で、十分に祭壇、食事等の葬儀社の支払いは出来ますし、場合によっては僧侶への法礼もねん出できます。

以上の理由により、質問者が疑問を感じられてるように、香典辞退と云う行為は、大変失礼な行為だと思います。

ota********さん

編集あり2013/7/109:20:53

社内の訃報連絡を見ていると、ほぼ8割以上が香典辞退、参列辞退
の時代です。ここ数年で急増しています。

喪主がこのような選択をするのは、非常に単純な理由です。

・香典を受領した後の手間の防止です。非常に手間のかかる仕事ですし、
事務処理です。

・香典を受領した後の香典の返礼で、受領した香典以上の負担をする
結果の時代になりましたので、仮に勤務先関係の香典を100件分受領
すると、数万から十万位の持ち出しになります。一度でも親族内で
葬儀の喪主を経験したり、葬儀社からのアドバイスがあると、香典辞退
を希望します。


《補足します》

あなたの質問は喪主側の立場での回答を要請していると解釈しました
ので、上記のような回答です。

参列者側としても、僧侶側でも、葬儀社側でも、その立場になればその
考えで行動します。

葬儀社側の立場になると、参列者の減少は実質売り上げの減少そのもの
でしょうし、僧侶側の立場になっても同様でしょう。

過去の近隣の協力なしには生きていけない時代はすでに終了した地域も
多いうえに、各自が訃報を瞬時に受信できる時代です。
香典にしても、通夜や葬儀の参列にしても、本来の持つべき意味が時代と
ともに変化していますので、それは時代の変化として受け入れざるを得ない
ような場合です。

喪主はその葬儀の主催者ですが、かつては自分では何もできずに近隣
や周囲の人に協力をしてもらっていたのですが、ほぼ近年は外部に有償で
委託できる時代です。いわゆる財力の問題です。財力があれば、香典を
受領をして旧来の葬儀とし、きちんと返礼をすることで、あなたの疑問は
解消できる葬儀となります。
それに対し、葬儀は金銭がかかるものですが、受領した以上の負担を
することがわかっているならば、受領しないほうが得策です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる