ここから本文です

輸血検査についてです。 不規則抗体と不完全抗体の違いを教えてください!

so_********さん

2013/7/200:18:05

輸血検査についてです。
不規則抗体と不完全抗体の違いを教えてください!

閲覧数:
4,580
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2013/7/423:46:15

○不規則抗体:例えば受血者がもっていない抗原をもつ供血者赤血球を輸血するとその抗原に対する抗体が産生されることがありますね。これをいいます。つまり受血者がもっていない抗原に対する抗体がその抗原による免疫作用にてあらためて産生されたものをいいます。一方、ABO血液型については、A型抗原が赤血球に存在すれば血清中には必ず抗Bが存在し、B型抗原が存在すれば血清中には抗Aが存在するというように、常にもたない抗原に対する抗体が血清中に存在しますね。このような抗体を強いて言うなら規則抗体といいます。
○不完全抗体:これは少々古い言い方になります。抗体の分類法で食塩液中で抗原と結合はするが、肉眼で観察できるような凝集塊や沈降塊を形成しないような反応に携わる抗体をいいます。一方、食塩液中で抗原抗体反応を起こし、肉眼で観察可能な凝集塊や沈降塊を形成する反応に携わる抗体を完全抗体といいます。現在では、完全抗体はIgMに属する抗体、不完全抗体はIgGに属する抗体とされています。

附)IgGに属する抗体は、例えば赤血球凝集反応であれば、凝集反応の第一段階である赤血球への結合は可能だが、IgGの分子量(サイズ)が小さいため、第二段階である赤血球-IgG複合体同士の反応が起こらず、凝集塊が生じない。→不完全抗体と表現した。

質問した人からのコメント

2013/7/4 23:55:16

なるほど!そういう事だったんですね!勉強になりました、ありがとうございます!

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる