ここから本文です

同伴競技者のボール探し

sir********さん

2013/7/609:45:53

同伴競技者のボール探し

中部銀次郎曰く
同伴競技者のロストボールは恥である。とありますが

質問 皆さんは同伴競技者のボールはどの程度探しますか?

① 最優先で我事のように真剣に探す。
② まず自分のプレーを優先させて 余裕があれば探す。
③ 基本的に自己責任なので探さない。または形式的に探すふりをする。


私は②の心構えでプレーしています。
自分のボールのライを確認して、風や状況を確認してショットの方針を決めます。
まだボールを探しているようなら 先にセカンドを打ってから、グリーンに人がいる状況なら打たないで ボール探しを手伝います。

自分のプレースタイルが そこそこ曲がらないゴルフなのでマイホールボール探しをさせられるとストレスもたまりますし、リズムも壊れます。

① の人も人は良い感じですが 見つけた後に 自分のセカンドを考える人がいますので
結局スロープレーになっています。

閲覧数:
2,073
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/7/610:37:33

自分のボールより、かなり飛んでない場合は①

同じくらいの飛距離なら②

ぱっと見、明らかに無理無理なラフ突入なら
探すだけ時間の無駄、早々にロスト宣言しろよの③

質問した人からのコメント

2013/7/6 13:41:35

合理的な判断!説教臭くないて素晴らしい。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ceo********さん

2013/7/612:41:51

私も仲間も超めんどくさがり屋なので探しても30秒から1分間。
さらに全員が意固地で見栄っ張りだから、一緒に探してもらうなんて切腹モノ。
グリーン空くまで探しゃ良いのにそれもしないw

後続への配慮よりも見栄があるので、さっさとペナ払うね。
互いに心得ているから他の2人はフェアウェイで待機。

馴染みのおばちゃんキャディーさんには
『あんた方、もったいないと思わないの?あたしゃラクだけど』と言われるが、
仲間は
『いいオヤジが総出で草っぱらに入れんわ!カッコ悪い』となる。

ま、プライベートだからこんなゴルフだけど進行は異常に早いぞ。
だから回答は③に近い。

yui********さん

2013/7/611:50:56

銀ちゃんの場合は探すのではなく、落ち何処を把握しています、夏のラフがキツイ東京GCで私の友人が憧れの銀ちゃんとラウンドしました、ラフでボールを探していると「3y先ですよ」の銀ちゃんの声、その通りの場所にボールは有ったそうです。

キャディーを含めて5人でボールの行方を注視して、落ち何処の目標を覚えればあまり探すのに時間は掛りません。
私も銀ちゃんを目指しているのですが・・・・・

suz********さん

2013/7/610:50:48

正直言うと③なんですが、探すフリしてても結果的に結構見つけてしまいます。

真剣に探そうが適当に探すフリしてようがやってるコトは殆ど同じだと思います。

kod********さん

2013/7/610:19:09

私も②ですね。
③はゴルファーとしての資質を問われる問題でしょう。ただ言葉にしてしまうと聞こえが悪いだけでかなりの人がこれだと思います。①に関してもそれがスロープレーになってしまっては元も子もありませんから。

私は同伴競技者のボールを探すのが結構得意な方だと思います。これは学生時代にサークル(自分でバッグを担いでラウンドします)ですがゴルフをやっていたことに起因すると思います。組の責任者として後ろが詰まるような状況を作るとラウンド後のミーティングで吊るし上げを食らうのです。力任せの男性後輩たちは遠慮なくブン曲げます。女性後輩たちはチョロを連発します。疲れて走れなくなった女性後輩のバッグを担ぎ、ブン曲げた男性後輩のボールを探し、目土をしながら自分のスコアを作りつつハーフ1時間40分を超えないようにラウンドしておりました。そのせいか同伴競技者のボール位置を確認する癖がついているようです。

そういう意味では毎ホールのボール探しは当り前のことなので特に気になりません。むしろ自分がボール探しに参加出来る=調子が良い(自分が曲がっていない)証拠にもなります。ただ上手い人達(クラチャンクラス)と回ると当然自分が一番下手くそ(ハンデ13)なのですが、無駄な時間がないせいかスコアは良くなる傾向が強いです。

最近ではプライベートのラウンドでは距離測定機を持参してラウンドします。グリーンやハザードまでの距離を測定したり、ドライバーの飛距離を測定したりできますが、実はこれがボール捜しに非常に効果的です。ティーで距離測定を開始しておくと、曲げた場合に「あれだと200yだな」「180yも飛んでない」という大まかな予測を基にその飛距離前後の林の中を探すとかなりの確率と短時間でボールを見つけることが出来ます。

efl********さん

2013/7/610:10:18

大半に方が②でしょうね。
一見①のような方でも聞けば②と答えるはずじゃないでしょうか。

質問者様は当てはまらないのかもしれませんが、おそらく99%の方は深いラフなどに入り自分では探しきれなかった所、同伴者が見つけてくれて助かったという事を経験してると思います。その時ほど同伴者が一緒になって探してくれたことへ感謝することはありません。だから、多くの方も許す限り一所懸命探すのではないでしょうか。
もし、同伴者が探してくれてありがたいと思った経験があり、それでも他の方のは探さないのであれば、それは単に人として薄情なだけでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる