ここから本文です

名誉毀損] 事実を摘示し、人や企業の名誉を毀損すること。 とありますが、ある事...

imp********さん

2013/7/1320:08:47

名誉毀損]
事実を摘示し、人や企業の名誉を毀損すること。

とありますが、ある事件で中学生の実名をあげて、「ブス」とか「うざい」と書いた少女と、その記述を放置したネット管理者がいずれも刑法の名誉毀損と

名誉毀損幇助の容疑で摘発された事件では、被害者が本当にブスだったってことでしょうか?

名誉毀損の項目には事実を摘示し、と書いてあるんですが、ブス=事実だったから名誉毀損になったんですか?

補足ありがとうございます。

er3425gt0907さん
maxhonerbbqさんが質問だそうです。


まだ回答締切を待ってみます。

閲覧数:
1,021
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2013/7/1401:35:46

違います。
名誉毀損罪で言うところの「事実の摘示」はその事実の真偽までを問うものではなく、「人の社会的評価を害するに足りる事実」であれば要件を満たすものとされています。インターネットの掲示板に書かれたていることの全てについて事実を確かめようとする人は少ないですが、その掲示を見たことによって「恐らくこの人はブスなんだろう」と感じる人はたくさんいるはずです。法律ではそれだけで名誉毀損罪を構成する一要件になりうるとしています。

ご参考まで。

※maxhonerbbqさん

失礼いたしました。回答の仕方が悪かったですね。今回のケースで大阪府警が名誉毀損の判断をどこに置いたのかはわかりませんが、実務方の判断をそのまま鵜呑みにして推測をもとに中途半端な回答をしたことを反省しています。この質問を捉えて「ブス」と書く行為自体が“事実の摘示”にあたるかどうかの判断をしたつもりはありませんでしたが、後段を見ればそのように捉えられても仕方ありませんね。本来であれば削除すべき回答と思いますが、自戒の念をこめてこのままにしておきます。

法解釈論で言えば貴兄の仰るとおり侮辱罪のほうがより近しい判断であろうと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

max********さん

編集あり2013/7/1321:36:03

そういうのは名誉毀損ではなく侮辱罪になります。

ただし、侮辱罪の法定刑は「拘留又は科料」であり、この場合は幇助罪を問うことはできません。
(刑法64条)
なので、どうしても管理人を摘発したいので名誉毀損にしたのかもしれません。
または、報道では書き込み内容のごく一部しか出ませんから、実際には名誉毀損に該当する内容があったのかもしれません。

※er3425gt0907さん
ちょっとした質問ですが、バカ・アホとかブス・ブサイクなどは事実の摘示に該当するでしょうか?
こういったことは単なる主観であり事実(客観的に観測できる事柄)ではないので、通常は名誉毀損には該当しないのではないかと思うのです。
摘示内容の真実性が判断できないと、刑法第230条の2(公共の利害に関する場合の特例)の適用が不可能になります。
事実の摘示があれば名誉毀損罪、事実の摘示がなければ侮辱罪になるのではないでしょうか。

「テストで赤点を取った」とか「ハゲ」とかなら(それが真実でなくても)事実の摘示と言えるとは思いますけれど。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる