ここから本文です

日本がTPPに参加した場合「食糧自給率が14%に減少する」と農林水産省が試算した...

i_l********さん

2013/7/1717:54:39

日本がTPPに参加した場合「食糧自給率が14%に減少する」と農林水産省が試算したそうですが、農林水産省のHPで公式に公開されているものでしょうか?

興味を持って調べているのですが、ソースがどこにも見つかりません。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、掲載先のURL等教えていただけるとありがたいです。

回答よろしくお願いします!

閲覧数:
2,418
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohb********さん

2013/7/1816:25:07

14%とか13%とかいうのは、平成22年11月に公表された古い試算で、今年の3月に、「カロリーベースで27%に、生産額ベースで55%に低下する」という新しい試算が公表されています。
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/saisei/pdf/02_cao.pdf
(最後のページ)

この新しい試算が掲載されているのは、こちらのページです。
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/saisei/shisan.html

また、平成22年11月公表の古い試算は、こちらのページに掲載されています。
http://www.maff.go.jp/j/kokusai/renkei/fta_kanren/sisan.html
(2.農林水産省の試算(平成22年11月公表))

<農産物>の方に掲載されている資料では14%、
<農林水産物全体>の方に掲載されている資料では13%となっていますが、これは、「国産品と輸入品の価格が同等であれば、消費者全員が輸入品の方を購入する」という前提で試算されたものであり、公表当時から、非現実的な前提条件の試算であるとして、有識者から批判の多かったものです。

「農林水産省試算( 補足資料 )」
http://www.maff.go.jp/j/kokusai/renkei/fta_kanren/pdf/siryou3.pdf
「農林水産省試算の方法(手順)
(1)試算対象品目の選定
関税率10%以上、国内生産額10億円以上(米・麦など19品目)。
(2)国産品の分類
内外価格差、品質格差の観点から、輸入品と競合する国産品と競合しない国産品に二分。
(3)試算の方法
① 競合する国産品は、輸入品に置き換わる。
・生産減少額=国産品価格×国産品生産量
② 競合しない国産品は、安価な輸入品の流通に伴っ て価格が低下する。
・生産減少額=価格低下分×国産品生産量」

14%とか13%とかいうのは、平成22年11月に公表された古い試算で、今年の3月に、「カロリーベースで27%に、生...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ama********さん

2013/7/1720:08:52

いや食糧自給率は13%に減少するそうです。

http://www.bnet.jp/casa/katudou/letter/73/p8.pdf

そしてアメリカの遺伝子組み換え食物シェアの約80%を占めるモンサントの遺伝子組み換え食物や、それを食べさせて育てた牛や豚やチキン、牛乳などが大量に輸入されて日本人の食卓に沢山並んで、我々や子供達が食べる羽目になるのです。
現在でも植物油やマーガリン、油脂類の加工品原料は遺伝子組み換え食物で作られています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる