ここから本文です

今度介護福祉士を受けるものです。 どうしても社会福祉制度(社会の理解)が頭...

tak********さん

2013/7/2807:26:59

今度介護福祉士を受けるものです。

どうしても社会福祉制度(社会の理解)が頭に入りません。

理屈より暗記しかないと思うのですが・・・・・・

本番で出題する確率も高いし、つまずいていて困っています。

勉強方を教えて下さい。

閲覧数:
1,972
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

viv********さん

2013/7/2812:08:32

こんにちは。働きながらの学習になると思いますが、まず、お疲れさまでございます。
さて、福祉系の資格の勉強方法としては、インプット3~4割、アウトプット6~7割で対応できます。つまり、細かい理屈や理論、深い理解ではなくて、暗記で対応できる試験です。インプットに多くの時間を割くと、結局、机には座っているけれど、頭には残らず、漠然と時間が過ぎてしまいます。記憶を定着させるには、、、ひたすら問題を解くことです。介護福祉士の試験であれば、過去問や模擬問題集が手に入ると思います。ひたすら解いて、正答しても間違えても、必ず解説を一読する。するとポイントがつかめてくるので、簡単に表にするなどして、暗記。問題でも暗記できて、表でも暗記できます。インプットの時よりも、急激に記憶に残り始めることが実感できると思います。
過去問や模擬問題をひたすら解く勉強の仕方を否定される方もいますが、資格試験のテクニックとしては、絶対に無視はできません。あと、介護福祉士の試験は、集中して勉強をしていれば、働きながらでも十分に取得できますし、「運が悪かった」は通用しないくらい、努力がきっちり報われる試験です(実技はのぞく)。集中の為にもアウトプットは欠かせません。
しかしながら、アウトプットのみでOKというわけではありません。インプットも3~4割あるのは、アウトプットの解説等で知った知識をインプットに返していってほしいと思います。ですので、基本になるテキストは1冊は用意されるのが良いと思います。アウトプットの学習を終えた時に、そのテキストをみて、再度、暗記の確認をしてください。(消えるマーカーなどで、消すと良いと思います。テキスト自体が問題になってきますし、視覚的にも「あそこにあれが書いてった」という手助けにもなります。)
どうぞがんばってくださいね。発表の日に、質問者様がにっこり微笑まれることをお祈りしています。

質問した人からのコメント

2013/7/28 20:59:14

降参 参考にします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる