ここから本文です

15°間隔に点線を引いた台紙の上に半円形で透明なガラスを置き、光源装置から光が入...

ガリタさん

2013/8/717:25:03

15°間隔に点線を引いた台紙の上に半円形で透明なガラスを置き、光源装置から光が入射したときの光の進む道すじを調べた。
図はこのときの入射光と屈折光を模式的に表したものである。

このときの入射角と屈折角を答えなさい

この問題の解き方を教えてください

入射角,屈折,半円形,解き方,光源装置,境界面,入射光

閲覧数:
169
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gro********さん

編集あり2013/8/818:21:40

入射角、屈折角とは、 二つの媒質(ここではガラスと…空気?か真空?)の境界面上で、屈折が起こっている点を通り境界面に垂直な直線を引いてみて(ここでは沢山点線が引いてある中でも屈折光の左に三本目、入射光の右に二本目の線)

その線と入射光、屈折光のなす角です。
ここでは点線は15°間隔ということから、
その線と入射光とがなす角は30°、その線と屈折光とがなす角は45°であるとわかります。

よって入射角30° 屈折角45° です。

質問した人からのコメント

2013/8/8 19:09:42

降参 とても分かりやすく説明していただきありがとうございましたm(__)m

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる