ここから本文です

江戸時代の殿様より、現代の東京のホームレスの方が良い物食っている

クスノキさんさん

2013/8/719:13:20

江戸時代の殿様より、現代の東京のホームレスの方が良い物食っている

と言う意見はあながち外れていないと思いますが、

昔の日本の最高権力者や超金持ちは、どれくらいの食道楽が可能だったのでしょう?

中国やヨーロッパの皇帝は、贅沢したイメージが想像出来ますが、

日本の殿様や貴族においてはそこまでのイメージができません。豪商の例でも構わないので
日本の食道楽王を教えて下さい。

閲覧数:
313
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aud********さん

2013/8/720:51:24

お殿さまの食生活は豪華です、タイのお頭付きに、刺身や、なます、季節の貝など、野菜も大根の煮つけなどさといものにつけなどさまざまです、なんでも一口しかたべませんのでお代わりが大変でした。ある朝、タイがとれずに1匹だけでしたのでお殿様がおかわりするのをなんとか阻止しなくてはとおもいかかりのものがちかくでひかえていますと案の定、お殿様はお代わりを所望しました、そこでかかりのものがお殿様、庭の花がきょうはきれいですよといいますとお殿様はなになにといいつつ横をむきますその隙にかかりのものは鯛をうらがえしにして殿、お代わりをおもちしましたといいます、さらにとのはお代わりを所望しますと、困り果てたかかりのものは、う~んとうなだれていますと、お殿様はではもういちど庭の花をみようかなあといいつつ、にやりとしました。

質問した人からのコメント

2013/8/14 07:09:42

一安心 なるほど、偉い人の周りは、何時の時代もそれなりに気遣いが大変なんですね。。
他の皆様も、ご回答下さりありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/8/800:26:23

将軍も大名も食事の内容自体はそんなに贅沢なものではありませんでした。

将軍の朝食は一の膳には飯と汁、向付や平(煮物)。二の膳には吸物と皿(焼き物)の二汁三菜が基本

昼、夜は朝食より多少おかずが増える程度。給仕をしていた小姓の証言によると、「将軍の食事はもう少し御馳走があるのかと思っていた。もっとも大勢の手を経て作られていたので、その費用は多くかかっている。ただ将軍の食べる量は僅かである」

食材は大量に仕入れても、使うのは良い部分を僅かだけ(あとは捨てる。これは表向きであり、捨てると称して台所役人がポッポに入れる)、味は美味しくない、おまけに何度も毒味をするので、料理は完全に冷めてしまっていました。

大名家も普段の食事は朝と昼が一汁二菜、夜が一汁一采と、簡素でワンパターンの内容でした。

島津斉彬の夜食

ご飯に汁、皿(ふぐ一夜干し、雷和え大根)、平皿(葛打海老、エノキダケ、ちりめん麩、糸もりみ)の一汁二菜

逆に贅沢な美食をしていたのは町人

大通(だいつう、遊興の道に詳しい事。またはその人。主として大店の主人)たちが回りもちで金に糸目を付けず、全国から美味しいものを食べようとする会で

鯛の目玉とわき腹一寸四方、肝に白子、若狭春鯖の馴れ鮨、生き烏賊白みそ漬、若鮎の三枚おろしの洗い

金沢のごり、伊勢の海老など・・

ある者はご飯に醤油、そしてナスの鉢植を置いて、そこからナスをもいで食べろという。そのナスはただのナスではなく、ナスが畑にある時から、毎日糠味噌を塗り、油紙で包んで一週間漬けたもので、生きたナスの糠漬の鉢植というものでした。

また八百善では単なるお茶漬け1杯(ご飯にお茶、胡瓜とナスの漬物だけ)が1両2分(15万円)したといいます。美食に飽きた者が注文し、半日待たされたあげく、この金額を請求されました。何でもお茶に使う水を飛脚で遠くに汲みにやり、その費用がかかったためだとか。

ハリハリ漬けも15㎝の皿で300疋(1疋=25文、187500円)

細根大根1杷から2,3本のみ使い、辛味を出さないため水ではなく、みりんで洗って漬けたもの

mug********さん

2013/8/719:55:48

日本の武家(将軍や大名)は総じて食に関しては質素です。家康始め歴代の将軍もそうですが、特に吉宗公が倹約令を出し、自ら質素な生活(衣食)をしていますので、所謂食道楽はしていないです。大名もほとんど同じで、1汁3菜が普通です。

豪商で奢侈な生活をしたのは元禄の頃の紀伊国屋文左衛門と奈良屋茂左衛門でしょう。普段の生活は分かりませんが、吉原での豪遊は有名です。その他では吉原の十八大通、そのほとんどが成金の札差です。筆頭は大口屋治兵衛。

大店の商家でも食は質素です。主人も奉公人も食事は同じです。そうして倹約したからこそ豪商になれたのです。
それと公家は普通の武士より貧乏です。贅沢は出来ません。

中期に料理百珍が刊行され食のブームが起こりますが、玉子や豆腐が主な食材です。
http://news.mynavi.jp/r_career/level1/yoko/2012/12/post_2766.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる