ここから本文です

医者は障害者年金の診断書を書くのを嫌うとネットに書いてありました。これ本当で...

pow********さん

2013/8/810:51:31

医者は障害者年金の診断書を書くのを嫌うとネットに書いてありました。これ本当ですか?本当なら理由は何でしょうか?

閲覧数:
9,008
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a22********さん

編集あり2013/8/907:29:58

書く方からすると、面倒ですから、そりゃそうですよね。
先天的な病気で障碍者申請をするのであれば、納得いきますが、そうでない場合には、自己責任でなった病気もあり、そういうものに障碍者申請というのは納得いきにくいですよね。心情的に。
治療に努力しないで、悪くなりました、医療費無料にして~、年金ほしい~なんて、モラルハザードですよね。特に障碍者申請で脅す人もいますからね。そういう人は最悪です。
障碍者にならないくらいの等級の障害しかないのに、年金がほしいからわざと等級を上げて書いてくれなんて、ひどい人も少なくありません。正直にしかかけない、と話をすると、みなさん捨てゼリフを吐いて診察室から消えますから、、、
それでお望みの等級で書いても、役所が融通が利きませんから、当然書類は返却されます。そのやり取りしている間に患者さん側からクレームが来るわけです。はやく金出るようにしろ~と。文句を言う場所が本来は違うのですが、障碍者認定をする機関は一般的には公表していないので、ずるいです。
まあ、書かなくていいのであれば、できれば避けたいですよね。本音を言えば。

貴殿も障碍者の診断書を書く立場になればわかりますよ。人間の醜いところが凝縮されるところがわかると思います。まあ、仕事なので、私は仕方なくしますが、仕事でなければしたくないですよね。貴殿も一度やってみますか?きっと人間不信になりますよ。書類を書くのに病院は手数料取りますが、医師にはお金は1円も入りません。みんな逃げますよね。普通。

(追記)
昨日、障害者書類の作成をしていたので、荒れてしまいすみませんでした。まあ、大変ですね。書類を書くのも。
まあ、実際勤務中ですと、笑顔で受付をしていますので、そこのところは了承ください。
ただ、書類が結構面倒なのと、受付してくれる役人が好む言葉を書かないといけないので、役人が出している文例集(診断指針)などを見ながら書くのですが、、、
知恵袋上ではこのIDは回答削除しない、という方針でやっていますので、上記のことは恥ずかしいですが残しておきます。

質問した人からのコメント

2013/8/14 20:48:56

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

猫大好きさん

2013/8/1123:38:31

知り合いから聞いた話によれば
めんどくさいのもあるかも知れないけど、
診断書を書いて、年金が下りない場合
医師としてのプライドが崩れちゃうらしいです。

bac********さん

編集あり2013/8/817:10:09

診断書を書くことで傷害年金の受給資格を獲ることが出来るのですから当然,それには患者の将来にかかわる
重要な問題に足を突っ込むわけですから,そんなことには関わりたくないと思うのが普通の神経でしょう。
実際に受給資格がないと思って書けないと断れば,その人の人生は変わるわけですし,それで書いて上げれば
本当にいいんだろうかと反省をしたり,無用なことに関わりたくないのは当然でしょう。
裁判で,陪審員になって被告に判決を下すのに似ていると思いますね。そんな他人の人生に出来れば
関わりたくないということです。 仕事だとしても多少の費用をもらっても吊り合わないということでしょうね。
自分ならそうことを依頼されたくないですね。

------------

つまり,自分のやったこと(診断書で証明したこと)に対して立派な責任が発生するということです。
責任とは,その内容が実は本当に正しい間違いのないことなのか。またその患者の人生に関わったという責任です。

---------------------

蛇足ですが,以前 , 友人が貴重な評価に値する(と思っている)石を持っていて,その石を博物館の専門家に見てもらって評価
してもらいたいとお願いしたところ,その専門家は見て評価・意見はするけれど,鑑定書は書かないよと言いました。
結局,しょうも無いあまり価値の無い石だとわかったのですが,証明する(診断書)を書くということはそれだけ責任と
リスクがあるということです。

max********さん

2013/8/813:00:32

病気の治療こそが医者の本業です。
特に精神障害では、障害年金の受給が治療の妨げになるケースもあると考える医師が居るのではないかと思います。

診断書の作成には時間も手間もかかります。書類仕事に労力をかけるくらいなら、その時間で1人でも多くの患者を治したいと考える医師もいるでしょう。

お金の問題というよりは、医師としてのプライドやポリシーの問題だと思います。

しかし診断書の作成も医師の仕事であることに変わりありませんから、遠慮せずに頼めば良いと思います。

akr********さん

2013/8/811:55:14

そんなことはありません。
障害者年金用の診断書は5000円から10000円ほど料金が掛かります。医師にしてみれば比較的おいしい仕事のほうです。
ただ、医師の中には書類仕事が嫌いな人も居ますので中には書きたがらない人も居るかもしれません。
個人で開業しているクリニックであれば全てクリニックの収入になりますが、病院の勤務医ですと仕事が増えるだけで給料が増えるわけではないので嫌がるひとがいても不思議ではありません。
こちらがお金を払うのですから、遠慮せずに必要なときには診断書の作成をお願いしましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる