ここから本文です

相手が無保険無免許の事故の処分について。

ruu********さん

2013/8/1113:38:52

相手が無保険無免許の事故の処分について。

先週木曜日に相手が無保険(ナンバー無し)、無免許、二人乗りの中学生と事故を起こしました。

前に質問したとおり、」直線で抜こうとしたら、相手はウィンカーも合図も出さずに右折してきて、右リアサイドに追突しました。
相手のバイクは後ろに乗っていた中学生のものです。

私の負った怪我は、両膝、右肘、腰、肩の擦過傷。
相手の運転手は、まぶたの骨折、出血多量。
相手バイクの同乗者は、顎のヒビ。
相手の治療費は私の自賠責保険から出るので心配いらないことは分かりましたが、処分についてです。

友人に聞いたところ、私が怪我の診断書を提出しないと相手の単独になるというのです。
そんなことなど有り得るのでしょうか?

回答お願いいたします。

ほかに何かあれば、補足に書きます。

補足警察への届けは出しています。
相手運転手の出血がひどかったので救急車を呼ぼうとしたのですが、相手が大丈夫というので呼ばなかったんです。
前質問に書いたとおり、相手運転手の痛みがひどくなり、民家に助けを求めたそうです。

閲覧数:
429
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mas********さん

2013/8/1216:03:46

人身事故というものは、
被害届・医師の診断書、この双方がともなって、
初めて人身事故となります。
怪我をしていて、通院していても、この2点が警察に
提出されないかぎり、事故は物損扱いとなります。

今回の事故ですと、恐らくは相手過失の方が大きいですが、
質問者さまの過失もゼロではないでしょう。

相手が右折をしようとしたということは、道路状況にもよりますが、
交差点内での追い越しですので、これは違反行為に該当しますので・・。

なので、過失割合は、質問者様3~4:相手6~7という感じ
ではないかと思います。そして、相手無免許ということで、
相手過失が0.5~1加算されるので、
最終的な過失割合は、
質問者様2~3:相手7~8ということになるのかなと思います。

既にご理解されていると思いますが、
相手の怪我の治療費に関しては、
質問者様ご加入の自賠責保険で補償されます。

相手バイクは、なんとなく盗難車のような可能性がプンプンしますが、
対物の任意保険に加入されていれば、そちらで補償されます。
もし任意保険の対物契約なしなのであれば、
相手バイク損害の2~3割は質問者さまご負担となります。

問題は相手が無保険ということなので、
質問者さまの怪我の治療費・バイクの損害ですね。
こちらの損害の7~8割は相手とその親が責任を
負うことになりますが、完全無保険なので、相手との
個人交渉になってしまいます。

正直そのようなガキが放置されている家庭なので、
相手の家庭の経済状況もなんとなく想像ついてしまいます。

なので、まずは、質問者さまの方で、
医師の診断書を用意され、警察に人身事故被害届を
提出しましょう。

そして、任意保険をご契約されているのであれば、
そちらにも連絡、事故の一報と相手の状況を伝えてください。
さらに、ご自身の保険として「弁護士特約」「無保険車特約」
など加入されているかご確認ください。

弁護士特約は、相手との法律交渉になったとき、
数百万円までの弁護士費用を、保険会社が負担してくれます。
このような無保険・無免許の相手との個別交渉は、
苦痛がともなうものなので、相手との交渉は法律専門家に
任せるのがベストです。

また、無保険車特約とは、
無保険車と事故を起こして、十分な補償を受けられない場合、
自分の保険会社が補償をしてくれるという特約です。

両方とも特約ですので、権利を行使しても、
その後の保険の割引等級などには全く影響しませんので、
もしご契約されているのでれば、ご利用を検討されてください。

そして・・もし、任意保険未加入の場合ですが、
これはもう相手、おそらくはその両親との
個別交渉しかもう手段はありません。

まずはご自身の怪我の治療に専念され、
落ち着かれたら、ご自身が補償してもらいたい内容を、
金額未定ても良いので、箇条書きにしてまとめましょう。

大体は下記のようなことになると思いますが・・

(物損被害)
・バイク本体の損害
・バイク本体以外の装備・積載物の損害
・バイク引き取り費用
・代車費用、バイクが無いことにより発生した交通費

(人身被害)
・通院費用(交通費)
・仕事の休業補償
・治療費

(その他)
・慰謝料

ですね。

こうしたことを、箇条書きにして最初から交渉に臨むことが、
個人対個人の場合、重要だと思います。
別にそれぞれ費用は空欄にして、
「損害賠償請求書」という書類にして渡してしまってもOKです。

あとは、相手の処分ですが、
最低でも
・無免許運転
・無保険車運行
この2つの犯行で、相手の中学生は処分を受けます。
つまり、保護者とともの家庭裁判所で少年審判の
対象となり、最低でも保護観察処分となるでしょう。

そして、質問者さまが警察に人身事故を届けた場合、
こちらも相手犯罪項目に、
・人身事故
が加えられることになります。

冒頭に、「警察に人身事故の被害届を」と書きましたが、
恐らく今後交渉することになるであろう相手親との交渉カードに、
この「人身事故にするかしないか?」をつかえる可能性もあります。
無免許での人身事故は、相当悪質な行為となり、
相手未成年とはいえ、さらに重い処罰になる可能性が一気に増えますから。

相手親が、そこまで子供の処分を気にするかどうか?
法律的配慮をするかどうか?
は、会わない限りなんともいえないでしょうが、
人身事故の届けは事後でも可能なので、交渉の切り札として
使う手があることも、一応お伝えしておきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tad********さん

2013/8/1114:51:50

貴方が診断書を出さないと物損事故として
処理されるでしょうね。

当然ながら事故直後に警察への届け出はされてますよね?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる