ここから本文です

マラソン乳剤。アブラムシ等には2000~3000倍で使用するという登録に生っ...

tok********さん

2013/8/1522:54:04

マラソン乳剤。アブラムシ等には2000~3000倍で使用するという登録に生っていますが、

マメハンミョウの大群に対して、1300倍位で使用してしまいました。

豆類のカメムシ等に対して1000倍だったので、マメハンミョウ(写真)はアブラムシよりもカメムシに近いと思ったから。

虫に対してはそれで良いですが、

トマトに対してはどうなのでしょうか?


①農薬が残っているのかどうか調べる手段はありませんか?
②農薬は残っていると思いますか?

補足トマトではなく、ミニトマトでした。そこが一番の問題でした。

ミニトマトはマラソンは使ってはいけないことになっているらしいです。
が、ミニトマトで試していないというだけで、本当はミニトマトで使っても別段問題ないのではないかと思いたいです。内心思っています。今日再度確認しましたが、1466倍位に薄めてミニトマトに散布したようです。

マメハンミョウ,アブラムシ,カメムシ,マラソン乳剤,農薬,薬剤,害虫

閲覧数:
539
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

けんちんさん

2013/8/1605:03:26

①専門の民間会社に依頼するしかないのですが、検査料が非常に高額です。

②質問者さんの仰るとおりトマトにマラソン乳剤を使用する場合 最高2000倍までとなっております。
ただ 農薬は使用方法通りに使えば 日本人の平均体重の人が一生食べ続けても問題がない値の更に1/100まで分解されるようになっています。
単純な計算で1000倍で使用したとしても 24時間後には一生食べ続けても問題がない値の1/50でまだ安全圏です。24時間以上経てば更に分解は進みます。

大量の収穫量があり保存しながらそのトマトを一生食べ続ける訳でもないでしょうから 一応大丈夫だと思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/8/2300:46:44

農薬の害虫に対する規定量は、害虫の大きさや抵抗力を計算したうえで設定しています。
アブラムシ類の殆どは、水だけでも死滅する程ですので3000倍で充分効果があり、他の害虫の場合の目安は1000倍。
マラソン乳剤は接触性の薬剤で、残留性は殆ど有りません。
汎用の日本製の農薬を規定に従がって使用する場合は道を歩いて排ガスを吸うより何倍も安全でしょうね。
私自信多い時は1日に1トンの薬剤を使いますが、高所への散布など、頭から浴びるような状況です。
それでも、高齢ですが、普通の人よりは元気ですよ。
むやみに怖がる方がストレスに成ってズーッと危険ですよ。

tei********さん

2013/8/1816:08:04

実際にトマト農家さんは 薬剤を大量に浴びながら消毒しています。だから 1000倍だろうと500倍であろと トマトを食べて健康被害は出ませんよ

ret********さん

2013/8/1523:34:04

保健所や民間分析センターに高額の金を払って依頼するしかありません。(例)株式会社マシス
ただ個人からの依頼は断るケースが多いようです。

残留がゼロかと言われればゼロではありません。が虫がアブラムシだとすれば1000倍をかけて良いのですから1300倍も問題になる値ではありませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる