ここから本文です

交通事故での示談、嘆願書について。 先日(当方車、被害者自転車)の交通事故...

chi********さん

2013/8/1712:00:32

交通事故での示談、嘆願書について。

先日(当方車、被害者自転車)の交通事故を起してしまいました。
被害者の方が良い方で、また、怪我の程度も一ヶ所の打撲だけだったので、昨日治療費と

お見舞い金をお支払いして示談が成立しました。
示談書はこちらが作成し、相手様に署名、捺印して貰いました。
そして後日嘆願書を書いていただくようお願いし、了承してもらいました。

そこで、嘆願書ですが、こちらで文面を書き、相手様にに読んでもらい、署名、捺印してもらう形でも良いのでしょうか?

後、その際の文面は手書きの方が良いですか?
(パソコンで文書作成でも良いのでしょうか?)

私も初めての事で色々調べて、嘆願書は、あくまで被害者からの物だという事は分かったのですが、一から相手様に書いてもらうのが申し訳なくて。

回答よろしくお願いします。

補足回答ありがとうございます。

当方、事故当日の不手際で、警察に届け出なしで『大丈夫?』という会話のみでお互い去りました。

で、被害者の方が次の日に痛くなり病院に行き、診断書、被害届を出しました。
私が、事故扱いになっている事を知ったのが約一カ月後で、事故の看板を見てでした。
なので扱いとしとてはひき逃げになっているそうです。

そういう場合は物損にはならないですよね…

閲覧数:
1,876
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jil********さん

編集あり2013/8/1810:29:33

怪我が軽度の打撲なら物損扱いのまま処理してもらえば、処分、点数はありません。

仮に人身事故扱いでも、全治1か月未満なら点数のみで処分はありません。
※全治3か月未満の事故の場合、不起訴(処分)となる場合がほとんどのようです。

検察庁から被害者に、処分について連絡があった時に、「処分を望まない」という回答で充分かと思います。

補足について

警察と保険会社に連絡されていなかったのでしょうか。

診断書の内容が不明ですが、仮に全治1週間の見込み、だとしても人身扱いになります。
相手が処分を望まない意志があれば人身の取り下げも可能かと思いますが、1か月が過ぎている事、
ひき逃げ扱いである事が問題です。

人身扱いの方はともかく、ひき逃げについては警察に連絡していない質問者さんのミスです。
※警察への連絡は事故を起こした人の義務です。

事故後に連絡しておけば、ひき逃げにはなりませんが、今回は免停はあるかもしれません。

後の相手への対応については保険会社に連絡し相談するしかありません。
至急連絡し、担当者のアドバイスを受けて下さい。

私の経験(被害者側)ですが、後遺症14等級9号の認定 頸椎捻挫・(ムチウチ)で、検察庁から連絡があり、加害者の処分について聞かれました。
※加害者の返答内容で処分の有無が決まるような印象を受けました。

事故後、一切の謝罪もなく、虚偽の主張で交渉が難航、後遺症が残ったという点から、処分は確実だと思いましたが、「そちらの判断におまかせします。」とだけ答えました。
※処分ありと判断されれば「加害者」から処分取り下げの連絡があるだろうと言われていましたが、無かったところを見ると処分なし(不起訴)だったのだと思います。

前述した処分の有無の線引き「全治3か月」を超える治療期間6か月、後遺症が残る=処分は確定、も被害者が強く望まなければ口頭での回答だけでも処分はなくなる事もあります。

示談書もそうですが、嘆願書も公正証書でなければ意味をなさない事があるので、注意が必要です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる