ここから本文です

長野主膳という人は、どんな人物だったのですか。

dyw********さん

2013/8/1821:18:26

長野主膳という人は、どんな人物だったのですか。

井伊直弼の家来だったようですけれど、
この人はどういう人物だったのですか。

閲覧数:
224
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/8/1900:34:11

長野主膳は元々は国学者であり、近江国坂田郡志賀谷村に国学塾を開いていた時、埋木舎で不遇時代をかこっていた直弼が、本居宣長流の国学に造詣が深い主膳の噂を耳にして、彼を埋木舎に招き、直弼はその深い学識に心酔し、主膳を師として仰ぐことになります。

そして直弼が彦根藩主となった時、主膳は150石の藩士として召し抱えられ、藩校弘道館の国学教授になります。

主膳は「主義」の人ではなく、功業を目的とする人物だったといわれ、権謀に長けた策謀家というのが大方の評価であり、彼はロシアの怪僧ラスプーチン並の人物(極悪人)だったという指摘もあるようです。

主膳は京都朝廷工作を一手に引き受け、また幕府に反発する志士に関する情報収集も行っており、安政の大獄では彼の情報をもとに尊王攘夷の志士を処罰しており、まさしく直弼の分身の如く絶大な力を持って活動していましたので、志士たちは主膳を「影の大老」と呼んで恐れていたこともあったからでしょう。

極論になりますが、井伊直弼は主膳の傀儡だったのかもしれません。

質問した人からのコメント

2013/8/25 12:07:16

村山たか。という人とその息子は長野の命令で動いていたのですか。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mug********さん

2013/8/1821:51:53

もともと、武士ではなく、学者(国学)です。直弼が部屋住みの時に国学の師弟関係を結び、家臣として召抱えられたようです。

自分の弟子が大老になって政治の実権を握ったのも自分の指導があってのことと思っていたんではないでしょうか。安政の大獄が行われたのも直弼の主導というより、主膳の主導でしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる