ここから本文です

桜島はマジで危なくないですか?

tax********さん

2013/8/1909:49:59

桜島はマジで危なくないですか?

かつて経験したことのない噴火がおこった場合、火砕流は湾の水面を走って鹿児島市街を直撃しないのですか? なぜあのような危険な場所に鹿児島市を築いたのでしょう? もう少し南にずらして街をつくるべきではなかったのでしょうか?

補足溶岩や土砂は湾に沈むでしょうが、猛烈な熱風と衝撃波は水面を渡って市街地へ来るのではないでしょうか? 今までなかったからといって油断していると万人単位の死傷者が出ませんか?

閲覧数:
1,273
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aya********さん

2013/8/1910:00:55

いつものことなので、大丈夫だとは思います!!!
でも、鹿児島の街の方が被害があっているので、観光できている方にはとてもめいわくだったかもしれません

火砕流は市街を直撃しないのではないでしょうか?
鹿児島湾(錦江湾)がぁるし、・・・(笑)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tja********さん

2013/8/1912:22:51

死都日本を読むと、鹿児島相当ヤバイ、火砕流に飲まれるよって思うけど、地元の人は噴火になれてるみたいだから危機感ないと思う。

活火山なのに不思議ね。

len********さん

編集あり2013/8/1915:56:23

島津が城を置いたころには、桜島の噴火活動が静穏だったといわれている。街造って大きくなってからどっかんどっかん始まったけど、もう移すのめんどうな規模になっていたし、これまでは、まあ何とかなるのレベルの被害で済んでいたということでしょう。
火砕流が流れ下る可能性はゼロではないですし、大正噴火の規模が今発生するとかなりの被害が出ると思います。


少なくとも今のレベルの噴火では、火砕流は山麓まで流れ下らずに斜面で止まっています。
気象台の記録が残る大正、昭和の大噴火でも島内で噴石の被害はあったようですが、火砕流被害はありません。
>もう少し南にずらして街をつくるべきではなかったのでしょうか?
火砕流が海峡を渡るような噴火だと、そのレベルの移動では意味がありません。日本には同様のリスクを持つ街は多くあり、浅間、渡島駒ヶ岳のように実際規模の大きな火砕流を流しているところはたくさんあります。前回の有珠山噴火でも、洞爺湖温泉街の横に火口が開き、コンクリート製の屋根を突き破るくらいの噴石が飛んでいます。この辺は、頻度との兼ね合いの問題でしょう。直下型地震も同じですが、頻度の低い現象まで考慮すると日本に住めなくなる。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる