ここから本文です

住宅ローン減税と不動産取得税の軽減について教えてください。

mam********さん

2013/8/2021:59:36

住宅ローン減税と不動産取得税の軽減について教えてください。

今年の2月に「新築そっくりさん」という一軒家を購入しました。
基礎はそのままで上物だけすべて建て替えており、中身は新築でした。

登記簿によると新築年、昭和49年・増築、昭和60年そのあと平成24年5月フルリフォーム
とあります。
最近不動産取得税の納付書が送られてきて、軽減措置の案内がありましたが
昭和56年以降に住宅が新築されたのもの場合軽減措置いたします。と書いてありました。

我が家は対象外でしょうか?
また、住宅ローン減税も同様に新築年が古く対象外のようです。

何か減税になるような手続きがあればお教えいただきたいです。
宜しくお願いいたします。

閲覧数:
1,680
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2013/8/2103:05:23

当初の新築年月日(昭和49年)が基準になるのですべて非適用です。
適用がないためリフォームとはいえ格安物件だったと思います。
物件の売買価格で減税分が調整されているとお考えください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

su9********さん

2013/8/2101:09:42

・住宅ローンの控除について
住宅ローンの控除は受けようとする年分の所得税について確定申告書を提出しなければ適用されません。
ローンの返済期間が10年以上で年末残高が2000万円以下部分の1%分が控除されます。

・不動産取得税について
「新築そっくりさん」で購入された場合、不動産取得税の課税標準の控除が新築or中古で判断されるかわかりませんが、
恐らくフルリフォームということなので既存(中古)扱いでしょう。(確認をとってください)
取得日から20年以内(RC・SRC構造であれば25年以内)に新築された物件で
尚且つ、床面積が50㎡~240㎡までであれば新築された当時に施行された控除額分が控除されます。

2013/8/2022:23:56

昭和56年というのは耐震基準が改正された年なのでそこで区切っている訳です。

本件の場合、上物については現在の耐震基準を満たしているはずです。

あとは基礎ですが基礎が無筋コンクリートなどの場合、NGですが、現在の耐震基準を満たした基礎構造でしたら控除は受けられます。

売主は住友不動産でしょうか?それとも個人でしょうか?住友不動産か仲介した不動産業者に確認してみて下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる