ここから本文です

憲法改正手続き・法律の改正手続きについて

ior********さん

2007/4/218:02:31

憲法改正手続き・法律の改正手続きについて

憲法の改正手続きについては

憲法96条1項で、その要件が規定されておりますが

法律の改正手続きに関しては

その要件が規定されておりません。
(探した限りですが)

法律の改正手続きは、憲法59条の要件で

改正案の可決という形により、改正されるのでしょうか。
(推測です)

どうぞ、お知恵をお貸し下さい。

閲覧数:
5,657
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2007/4/218:17:32

法律を改正する法律案を提案、審議して成立させます。

両議院のHPなどをご覧になると、国会に出されている法案が公表されています。
これらのタイトルを見ると、たいてい「**法の一部を改正する法律案」となっていると思います。
このように、新しい法律を作る形で、ある法律を改正しているのです。
ですから、提案、審議、議決など、すべて法案の処理に関する手続として進められます。
詳細は国会法( 昭22法79)と、細目は衆議院・参議院の規則で定められています。

大まかなところは参議院のHPがわかりやすいようです。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_d01_00.htm

質問した人からのコメント

2007/4/2 18:37:39

降参 hooperecoo26さん、 king_pataさん、 mo_n_juさん、enfantterrible27さん
貴重なお知恵有難う御座いました。

法律の改正も法律の制定という形をとるという事で
納得致しました。
(どうりで、憲法の条文に無いわけですね。)

一時間ぐらい、
「法改正 要件」「法改正 手続き」などで
検索したのですが、合致したものが得られなかったので
大変感謝しております。m(__)m 

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

enf********さん

2007/4/218:23:29

法律の改正も廃止も「立法」の一部です。
つまり法律の改正案も59条の法律案に含まれます。

mo_********さん

2007/4/218:19:40

すべての法律案は国会で議決され制定されることは、憲法59条規定にある通りです。法律案には、既存の法律と改廃案も含まれておりますので、推測された考え方で間違いはありません。さて、個々の法律には、必ずといっても良いほど附則規定があります。その附則には、施行期日や改正手続きについて規定されています。時限立法の中には本規定よりも附則規定が遥かに多いものもあります。

hoo********さん

2007/4/218:07:23

憲法と法律は全然別物ですが、法律の改正については、通常の国会における立法手続き
(イメージとしては、改正案という新法をつくるようなもの)と何ら変わる事は無いと思います。

なぜ硬性憲法なのかについては、多分ご理解されていると思いますので割愛します。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる