ここから本文です

居所不明の児童が日本に増えているのはなぜですか? そんなニュースが産経にあ...

nan********さん

2013/8/2506:33:18

居所不明の児童が日本に増えているのはなぜですか?

そんなニュースが産経にある。


http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130817/waf130817120...


衝撃事件の核心】
跡形もなく消える子供たち…「居所不明児童976人」という日本社会の“現実”
2013.8.17 12:00 (1/4ページ)[衝撃事件の核心 west]


「10年前、遺体を河川敷に埋めた」。大阪府富田林市で住民登録上は10歳の男児が、生後まもないころから行方不明になっていた事件。男児の祖母ら複数の親族が死体遺棄容疑について供述した。大阪府警捜査1課は男児が殺害された可能性も視野に、10カ月にわたり同市内の河川敷を捜索。

刑事らは「必ず供養する」と誓い、泥にまみれて掘り起こしを続けたが結局遺体は見つからなかった。祖母らは不起訴になり、真相解明の道も閉ざされた。


長期間にわたって居場所が確認できない「居所不明児童」の問題をクローズアップさせた今回の事件。戸籍の上の子供たちは、声なき声で何を訴えているのか。



■見落とされたシグナル


10年の長きにわたって、男児の失踪が表面化しなかったのはなぜか。問題はこの一点に尽きる。

男児は平成14年9月、富田林市で出生。同年12月に同府太子町へ転出し、17年5月まで同町に住民登録されていた。

行政が異変を察知し、対処する機会はあった。男児は4カ月と1歳6カ月の乳幼児健診を受診していなかったのだ。不審に思った保健師は家庭訪問もした。だが留守が続き、結局は会えずじまい。それ以上の追跡はしていなかった。

一方、男児の児童手当は家族からの申請で支給を継続していた。同町関係者は「役所内でうまく連携が取れていれば、もっと早く気付けていたかもしれない」と唇をかんだ。

男児はその後、富田林市に再転入。住民票では父方の曽祖母と同居していることになっていた。普通に暮らしていれば小学1年生になる21年、入学前の健診や説明会に男児や保護者の姿はなかった。このときも学校側が家庭訪問したが、誰とも接触できなかった。結局、男児は22年4月に学齢簿から除籍される。


いるはずの男児がいない。そのことには保健師や学校関係者も気づいていたはずだ。だが、そこで事件性を疑い、男児の安否確認を真剣に行った形跡はない。すべてうやむやに、時間だけが過ぎていった。

事態が動き出すのは23年8月になってから。曽祖母が同市にこう申告したからだ。「男児とは同居していない。住民票から外してほしい」。男児分の国民健康保険料の納付を曽祖母に求めたのがきっかけだった。


これを受け、同市は本格的な調査を開始。男児の実母は

閲覧数:
513
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

two********さん

2013/8/2508:13:58

・それだけ行政がいい加減だということ
・それだけ子をもうける重みを理解せずにヤる脳みそ空っぽの大人が増えたということ
・それだけ人間関係が稀薄になってきたということ
が挙げられると思います。

嘆かわしいことではありますが

質問した人からのコメント

2013/8/29 09:26:47

大人はエッチのやりすぎ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる