ここから本文です

「お米食べるダイエット」のこどもだましみたいな理論はなんなんですか なぜあん...

spi********さん

2013/8/2605:12:59

「お米食べるダイエット」のこどもだましみたいな理論はなんなんですか
なぜあんなもんをジャパはすぐ鵜呑みにしちまいますか

こういう部分にジャパ社会の危険性が潜在しますか
柏原幸代さんという人が栄養士でありながらなぜこんな栄養学的破綻理論を展開する真の理由は何ですか

閲覧数:
2,103
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ore********さん

2013/8/2613:24:25

米屋から金もらってるとか

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

blu********さん

2013/8/2708:27:42

「お米食べるダイエット」って今年6月から発売されている著書『お腹からやせる食べ方』(著者:管理栄養士の柏原ゆきよ先生)のことですよね。

テレビ番組での柏原ゆきよ先生のお話によると「1回の食事で最も効率よくカロリーを燃焼させるバランスは炭水化物60%、タンパク質15%、脂質25%」なので「炭水化物60%」をお米部分とすると残りの40%をおかずにするのがいいという超単純な発想によるものですけど栄養素の話が分量の話に完全にすり変わっていますね。

「1回の食事で最も効率よくカロリーを燃焼させるバランスは炭水化物60%、タンパク質15%、脂質25%」の部分を忘れて「お米:おかず=6:4となる分量(お弁当箱に詰めた時の分量イメージ)にするとお米によってそのお米と一緒に食べた40%分に相当するおかずに含まれるカロリーが体内ですさまじく燃焼する」という部分だけが一人歩きすると管理栄養士の柏原ゆきよ先生ってバカかと思われるだけです(40%部分のほとんどが豚の脂身だったらどうなるのというような子供じみた疑問を呈する人はいないとは思いますけどネ)。

そもそも「1回の食事で最も効率よくカロリーを燃焼させるバランスは炭水化物60%、タンパク質15%、脂質2%」だって本当かどうか分からないし個人差も大きいと思う。

「ある方法でお米を食べると2ケ月で10kgも痩せられる!」というのが宣伝文句になっているようですがお米と一緒に食べたおかずのカロリーだけがそっくりそのまま燃焼されるなら元々あった10kg分の脂肪までが何故2ケ月で燃焼されるのかが理解できない。
もし基礎代謝によって元々あった脂肪が燃焼されるというのであればそれは屁理屈だと思う。
2ケ月で10kgの脂肪が減るということはざっくり計算して7000(kcal)x10(kg)÷60(日)=1167kca
l/日となるがこれは年齢が28歳で体重が48kgの女性の場合の平均基礎代謝1133kcalにほぼ一致する。
しかし人間は起きて活動している訳だから基礎代謝だけで脂肪が燃焼する訳ではない。つまりもっと痩せられるということになる。
つまり「ある方法でお米を食べると2ケ月で10kgも痩せられる!」というのは成立しないことになる(10kgどころかもっと大量に脂肪燃焼することになる)。
このダイエット法は詭弁にしか過ぎないと思う。
本当に自信がある研究成果なら学会で発表して戴きたい。

たとえ立証されたとしても現実にはいちいち6:4なんて計算しながら食事を準備して食べる人はいないはずだから絶対に普及しないダイエット方法である。

TPPでのコメの関税撤廃を恐れて国産米の需要を高める某組織の陰謀かと疑いたくなる。

「お米食べるダイエット」って今年6月から発売されている著書『お腹からやせる食べ方』(著者:管理栄養士の柏原ゆきよ先...

wei********さん

2013/8/2607:44:30

書籍販売が目的だったり、話題の中心になりたいのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる