藤圭子さんが、飛び降り自殺をされて9日目に成りますが…私の父は藤圭子さんと同世代で、デビュー当時からの大ファンだったそうです。 父が申すには「一時代を築いた演歌の女王なのだから追悼番組」を何故しない?

藤圭子さんが、飛び降り自殺をされて9日目に成りますが…私の父は藤圭子さんと同世代で、デビュー当時からの大ファンだったそうです。 父が申すには「一時代を築いた演歌の女王なのだから追悼番組」を何故しない? と…嘆いています。 パソコンを全く知らない父に、「PCのユーチューブで見られるけど~?」と、言うと…「見せろ見せろ」と催促をされ、どの曲を聴きたいのかと言うと、「圭子の夢は夜ひらく」をと言うので、選択をすると、食い入る様に見て、口ずさんでいるのです。 私が聴いていて感じた事は…どうして!この様な、暗くて、辛い過去を歌った曲が良いのか私には理解が出来ませんでしたね。 しかも…父は、その当時、20歳の若者だったのですよ。 時代の流れか?どうなのかは分りませんが…父の過去の想いを綴った歌なのかな?っと思ったら、親父の青春時代の背景は、そんなに辛く、哀しかったのかな?と思いました。 歌詞の中で「一から十までバカでした~、馬鹿にゃ未練は無いけれど~…忘れられない奴ばかり~、夢は夜ひらく~」を聴いた時には、私の人生も同じかな?と、感じ得る所が有ったのは間違いないです。 父にせかされ、藤圭子さんの多くの作品の歌を聴かされましたけど…私の感じた事は、歌詞が私の胸に完全に伝わってきますし、物語を伝えているようにも感じてしまうのです。 藤圭子さんは精神疾患を患い、本人も家族も大変、ご苦労をされたと思います。宇多田ヒカルさんの公式ホームページのコメントを 読ませて頂いて、私の歩んだ過去を思い返す…辛く哀しい文面に心を痛めた次第です。 私は思ったのですが…死の背景がどうであれ、団塊世代の大スター、歴史の一ページを作り上げた人だけに、叶うのであれば藤圭子さんの追悼歌番組を放送して頂きたいと、心から願うようになりました。 改めて、藤圭子さんのご冥福をお祈りいたします。

家族関係の悩み696閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

こんにちは。 私の父もファンでした。 今回のことをきっかけに、曲はまた売れているそうです。 お父様のように、なつかしむ方が多い表れだと思います。 追悼の番組は、時間をおいて、放送されるのではないでしょうか。 今はまだ日も浅いですし、純粋に故人を悼む番組を作りにくい面もあるかと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

tsuiterutsuiteruluckydaさんのお父様も藤圭子さんファンだったと、回答一番目に頂き、父の青春時代がtsuiterutsuiteruluckydaさんのお父様と共通点が有ったのかなと、感じました。 今は亡き、藤圭子さんだけど…作品集を聴かせて頂いて、私自身も藤圭子さんファンに成ったようです。 回答頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/9/4 9:06

その他の回答(5件)

0

1970年代に、ヒットした、圭子の夢は夜開く、ワイドショーなどでも良く取り上げられていましたが、 藤圭子さんは過去に2回ほど離婚をしていたそうですけど、 どうして藤圭子さんの歌がヒットしたかというと、低音を出して歌える個性的な歌手が売れたのですね。 娘の宇多田ヒカルさんも、低音を出すのが得意ですから、 ヒットしていますよね。 暗い感じになってしまうけれど、 ヒットしたんですよね。 加茂川ブルースとか低音がしっかり出せる歌謡曲は、人気だったのでしょうね。 藤圭子さんの生涯の番組は放送すると思いますね。 ユーチューブで流せている番組はごく一部ですし過去の者ですね。 藤圭子さんは、30台の男性の知人と高層マンションで6年間住んでいたけど彼は、やせ細った姿で、顔は真っ白でやせていたそうです。 自殺したきもそうでしたそうです。 女性セブンなどにも細かく乗せてくれると思いますね。 改めて、藤圭子さんのご冥福をお祈りいたします。 娘の宇多田ヒカルさんも 体調がよくないそうですね。 圭子の夢は夜ひらく、 聞いた感じはやはり昭和40年代を創造しますね。 石田あゆみさんの ブルー・ライト・ヨコハマもそうですが、流行の歌ですね。 テレビにも電子番組票で、検索機能がありますから 藤圭子と検索していただくと 番組や放送が検索できます。その方が万全ですね。

1

御心配無く!!! 必ず放送されます。 芸能界という処が、数字がとれる藤圭子追悼番組を捨てられる筈もない! 芸能界には、訃報ビジネスというモノが有ります。 芸能人の死を無駄にせず、徹底的に使い切る仕事ですね。 ノーベル平和賞のマータイさんも、「モッタイナイ!」でした。 しかし、藤圭子の死は、飛び降り自殺という事になっており、直ぐに放送出来ません! 予め準備出来ていないのです。 不治の病でカウントダウンに入った人なら、友人達のインタビュー等も揃えていますが、今回のケースでは無理。 飛び降り自殺等の場合は、祟り等を怖れて、儀式のようなモノも必要かもしれません。 世間の様子を伺いながら、放送日程を、宇多田ヒカル親子と相談の上決めるんでしょうな。

1人がナイス!しています

0

藤圭子さんのCDが売れてますけれど、 藤圭子さんには沢山のお金が発生するのでしょうけど、 藤圭子さんをのけ者にした、 大馬鹿娘! 宇多田ヒカルには受け取る権利無し!

0

藤圭子と同年代だけど、彼女が大スターだとは思いません 藤圭子がスターだったときと自分が社会人になっとときはほぼ同じ時期だったけど、暗い退廃的な歌を唄う陰気な歌手という印象しかありませんね。 娘のうただひかるの印象のほうが強いですね。 追悼番組? そんな大物ではありません。

0

高度成長期のなんだかんだいい時代だったからこそ、暗い美学の余韻に浸りそういうのを楽しめる時代だったんじゃないですか('_'?) 311やリーマンショックを知ってしまった今は、そういうことを歌うと不謹慎、なんでそんなことを、みたいになりますよね。 「スイスイスーダラダッタ♪」(わかるかな?)もいい時代ですが、ある意味悲しみの美学に酔いしれられるのもまた、いい時代の証拠だったのでわ?