ここから本文です

アフリカ分割についてです。 1.南アフリカ戦争とケープ植民地って関係あります...

yuu********さん

2013/9/1611:57:00

アフリカ分割についてです。

1.南アフリカ戦争とケープ植民地って関係ありますか?どんな関係ですか?

2.3B政策と3C政策はモロッコ事件より前ですか?後ですか?


よろしくお願い申し

上げます。

閲覧数:
339
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cid********さん

2013/9/1818:42:05

>1.南アフリカ戦争とケープ植民地って関係ありますか?どんな関係ですか?

もともとケープ植民地はオランダ系の人たちが作ったのですが、その後、イギリスが領有することとなります。それを嫌った人たちは内陸に移動して、別の国を建てました。
ところが、その国(トランスバールとオレンジ自由国)で金やダイヤモンドが見付かったことで、それもイギリスの物にしようと考えた人たちが起こしたのが南アフリカ戦争(ボーア戦争)です。この戦争の結果、内陸部もケープ植民地に編入されました。


>2.3B政策と3C政策はモロッコ事件より前ですか?後ですか?

難しいですが、一応は前です。
もっとも、3B政策も3C政策も、日本の歴史教育現場ぐらいでしか使われてない、実在しない政策ですから、本当の歴史解釈としてはあまり深く考えても始まりませんが。
モロッコ事件は1905年と1911年に起きています。

一方、3B政策の中核の(ということになっている)バグダード鉄道は、それよりも前、19世紀末に建設が始まっています。

学校の勉強とはまったく関係ないと思いますが、一応書いておくと、ドイツの3B政策とイギリスの3C政策がぶつかって両国が対立していた、というのはせいぜいで妄想、ストレートに言えば嘘八百です。

ドイツには3B政策と言うほどの物はなく、単に鉄道を引くだけの話でした。そしてその計画はイギリスから支援されていました。それどころか、「バグダードなんて僻地まで鉄道引いても意味ないぜ。どうせだったらでっかくペルシャ湾のバスラまで引こう。その方が絶対役立つよ!」と助言したのもイギリスです。

イギリスが3C政策を持っていたというのも、特に根拠のない考え方です。

質問した人からのコメント

2013/9/18 22:09:29

抱きしめる とってもわかりやすい回答ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる