ここから本文です

八掛のある単ってありますか?

swe********さん

2013/9/1622:14:37

八掛のある単ってありますか?

先日、オークションで、単、と表示されている着物を落札しました。届いて見てみると、胴衣は単衣なのですが、
八掛が付いています。
袖の部分も、単衣にのっとった部分は単衣です。(ネットで調べました)
これは、単の着物なのでしょうか?

補足ご回答ありがとうございます!ではこれは、単衣の着物ではないのですね。
今日のお茶会で着てしまいました...

閲覧数:
3,290
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

egg********さん

編集あり2013/9/1622:22:45

上半身に裏を付けない胴抜き仕立てでは?
パッと見た感じは八掛けがあり袷に見えますが、上は単でちょっと涼しい。
本来なら袷の時期だけどまだまだ単で過ごしたい時なんかに重宝ですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hrh********さん

2013/9/1810:36:26

八掛がついている=袷の着物、です。袷にみせかけた単の着物、といっていいかと。私「なんちゃって袷」と呼んでいますが、地球温暖化進行中の現在w、とても重宝しています。

4月・10月の中は20度半ば位になる頃は、暦の上では袷なのですが、暑いため袷では汗をかいてしまいます。それでこういううものを着ます。お茶席用の色無地・付下げなどもありますが、軽い紬のものもありますね。あと、かなり地厚の紬で、袷だと冬でも暑いとか、裏をつけると分厚くなって着づらい時にもこういう仕立て方をします。

もし単にしたければ、八掛をはずしてしまえばよいです。お裁縫が苦手でなければ、自分でもできますよ。裏はずすだけなので。

なお、胴抜き仕立ては、どう仕立てるか明確な決まりがあるわけではないですが、腰から上の胴裏がないと思ってもらえればいいかと。縮緬などタレモノの胴抜き仕立てのばあい、通常は、腰から下に八掛と胴裏をつける場合が多いと思います。仕立てるひとの好みによって色々で、袖は八掛だけの場合もあるし、袖だけ八掛+裏という場合もありますね。袖も腰jも胴裏はまったくなく、八掛だけしかついていないものもあります。表地が結構しっかりした紬や御召などであれば、八掛だけつけて仕立てたものもあります。

kiy********さん

編集あり2013/9/1710:11:39

1番さんが 言ってらっしゃいます「胴抜きの着物」です。
袷の着物の同裏を 取って 袷の時期には 暑いかな?なんて感じたときに 着ます。

見た目 すそまわし(八掛)がついて居ますが上身頃に 裏がついて居ませんので 袷の時に着ます。


昔の人の 「生活の知恵」ですね。

arc********さん

編集あり2013/9/1701:55:09

今日着て行かれたのは失敗ですが、いい買い物されましたね。袷の時期になる十月以降か、来年の四月五月に大活躍すること間違いなしですし、羽織ものやインナーで調整すれば真冬以外はいけるはずです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる