ここから本文です

なぜ奄美諸島は沖縄県でなく鹿児島県なのでしょう? 奄美諸島は地理的にも歴史的...

goi********さん

2013/9/2107:35:09

なぜ奄美諸島は沖縄県でなく鹿児島県なのでしょう?
奄美諸島は地理的にも歴史的にも方言など風俗的にも沖縄県(琉球)ですよね?
トカラ列島までは鹿児島県が妥当でしょうが奄美諸島からは沖縄県が妥当では?

補足律令制では薩南諸島は多禰国(後に大隅国)でしたが、奄美群島も天美国と記載があります。一時は遣唐使の寄港地でもありました。
その後は1609年の島津の琉球征伐まで琉球の支配下にありました。
流れ的にはどちらでもいいのかな?

閲覧数:
22,556
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

カミタクさん

2013/9/2306:42:31

元鹿児島県民です。

> 奄美諸島は地理的にも歴史的にも方言など風俗的にも沖縄県(琉球)ですよね?

歴史については、異なります。奄美群島
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/AMAMIKAN.HTM
は文化的には琉球文化ですが、歴史的には沖縄本島とは異なっています。

古代律令制国家の奈良時代直前~奈良時代の時期には、通常の国内の統治下にはなく租庸調の税制の対象外で令制国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD
は設置されていませんでしたが、奄美からの朝貢があった旨の記録が残っていますが、沖縄本島からの朝貢の記録は(、絶対に無かったか否かは存じ上げませんが、私がこれまで接した資料の範囲では、)ありません(ただし、遣唐使船が難破して辿り着いた記録はあったかと思います)。令制国の範囲外ではありますので、この時期、奄美群島は日本の治世下にあったとは言い難いと思います(なお、琉球王朝成立以前ですので、当時の奄美群島が沖縄本島の政治支配下にあった訳でもありません)。

中世の鎌倉時代には、薩摩国の川辺(かわなべ)郡(概ね現・鹿児島県南九州市
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/NANSATUK.HTM#minami_kyushu_city
枕崎市
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/NANSATUK.HTM#makurazaki_city
南さつま市
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/NANSATUK.HTM#minami_satsuma_cit...
)を領有していた鎌倉幕府御家人・千竈(ちかま)氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E7%AB%88%E6%B0%8F
が、奄美群島を采配地としていましたので、この時点では、奄美群島は日本の治世下にあったと言えます。この時期、沖縄本島は、千竈氏の采配地には、なっていません。

沖縄本島で琉球王国が15世紀に成立すると、奄美群島は琉球王国と薩摩国の武士勢力(千竈氏の現地残存勢力)との勢力がぶつかる場所になり、軍事衝突も発生した可能性があるとされています。結局、15世紀に琉球王国が奄美群島の征服に成功して、奄美群島は琉球王国の領土になりました。

慶長14年(1609年)の薩摩藩による琉球征服で、薩摩藩は琉球王国を支配下に収めましたが、その際、沖縄本島以南においては対中国朝貢貿易を続けることを意図して琉球王国を存続させて間接統治しましたが、奄美群島は琉球王国から切り離して薩摩藩直轄領としました。このため、江戸時代においても、政治史上は奄美群島は沖縄本島以南とは異なる道を辿っていました。

薩摩藩治世下の奄美群島では、産業的にはサトウキビ栽培の強制を通じて薩摩藩の奄美群島統治は圧政であり、それは、酷(ひど)い黒糖地獄でした。後年の明治維新を可能ならしめた幕末の薩摩藩の経済力は、奄美群島で取れるサトウキビ原産の黒糖が交易上の大きな要因の中の一つですので、「東アジアの黄色人種国家で、植民地化や半植民地化や国家統合を免れた国家は、日本とタイだけ」という19世紀の厳しい国際情勢下で、明治維新とそれに続く国家の近代化を成し遂げて、日本が植民地化されずに独立を維持できた背景要因の中の一つに、このような奄美群島の住民達の苦しみがあったことを、「トカラ列島以北」の日本人は忘れてはいけないと思います。

明治維新後の廃藩置県の際に、奄美群島は江戸時代に薩摩藩直轄領だったため、鹿児島県に編入されました。一方、薩摩藩内では直轄領ではなく間接統治下にあった琉球王国は、琉球藩を経て、沖縄県になりました。

20世紀の、英米等と日本が戦って敗れた太平洋戦争では、沖縄県は悲惨な地上戦を体験しましたが、奄美群島では、地上戦はありませんでした。この太平洋戦争では、1945年に敗れた後、奄美群島は沖縄本島以南と同様に米国に占領され、米国の治世下に置かれました。ですが、本土復帰も奄美群島は、沖縄県の1972年よりも早く、1953年に既に実現しています。この本土復帰のタイミングも、奄美群島は沖縄県とは異なっていました。

亡父から伝承で聴いたうわさ話ですので真偽の程は定かではなく、もしも事実だったとしても何割の人がそうだったのかは存じ上げませんが、奄美群島の本土復帰の際には、江戸時代の薩摩藩の圧政の記憶があるため、奄美群島の本土復帰運動の流れの中には、「本土に復帰したら、鹿児島県ではなく、東京都に編入してくれ」という要望のものもあったという話を聞いたことがあります。東京都と言うと不思議に思うかも知れませんが、実は、鹿児島県と沖縄県以外の太平洋上の外洋離島都道府県は東京都ですので、鹿児島県に編入されたくなかったら消去法で選択肢は東京都になります。

上記の伝承とは異なり確認可能な情報としては、朝日新聞鹿児島総局編著『薩摩の殿』(南方新社,2008)
http://search.shopping.yahoo.co.jp/search?first=1&tab_ex=commerce&ei=euc-jp&fr=shp-prop&n=20&p=%22%BB%A7%CB%E0%A4%CE%C5%C2%22+%22%C6%EE%CA%FD%BF%B7%BC%D2%22&cid=10002
pp.58-63.によれば、1975年の頃の話として、鹿児島県庁では、奄美群島の人達の反島津感情に配慮して、島津氏庶流の日置島津家の出の職員を、奄美に行かせられないとしていたという話が載っています。

このように、奄美群島は文化的には琉球文化ですが、歴史的には沖縄本島とは異なっています。

質問した人からのコメント

2013/9/28 08:32:28

詳しくありがとうございました

「奄美大島 沖縄」の検索結果

検索結果をもっと見る

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

maj********さん

2013/9/2702:56:18

歴史的には琉球王国の一部と位置づけられていたこともありますし、
さらに遡ると奄美は奄美としてひとつの国のように成り立っていたこともあります。


現在、鹿児島県になっている決定的な理由は第2次世界大戦敗戦時。
アメリカが沖縄を管轄下に置こうとしていると察した日本国政府は、
奄美は鹿児島県であるという主張が認められたことを確認し、降伏しています。

事実、廃藩置県の時には既に島津(薩摩藩主)の勢力が伸びていて、鹿児島県となっていたわけですが。


結局、土地の区切りは文化ではなく、多くの土地を支配したい人たちの都合で決まっている、ということなんです。

uci********さん

2013/9/2516:52:34

奄美諸島ですが、与論島から奄美大島までは、1609年までは琉球王国の支配下にありました。

1609年に薩摩・島津家が琉球王国を侵略しました。それは「侵攻」でもなく、「征服」でもなく、「慶長の役」などというのんきなものではなく、琉球王国の金銀財宝を奪い、時の国王を拉致し2年間軟禁した、「侵略」だったという事実をきちんと把握して下さい。

その薩摩が侵略した1609年以降、勝手に与論島から奄美大島までの島々を占領した薩摩・島津家は、その後、日本の廃藩置県という混迷期に、勝手に鹿児島県の領土として引き継いだのです。奄美大島は本来は鹿児島ではありません。だからと言って琉球王国のものだとも言えません。奄美は奄美で侵略者、琉球、薩摩のものではなく、奄美の島の人たちのものなのです。

awa********さん

編集あり2013/9/2717:57:17

沖縄在住者です。
確かに、文化的には奄美は沖縄に属するのですが、「現在、沖縄に合併すべきか」では色々と諸問題が有ります。過去の歴史の流れも関係しますので、歴史から順に触れてみます。

沖縄本島を統一した琉球王朝が次に目指したものは「奄美や宮古、八重山らの武力征服」でした。当時の各島々は本島の琉球王朝とは別の王朝国家が成立していましたが、是を強引に武力で征服するやり方です。
当然、奄美・宮古・八重山の反発は凄まじく、最後は武力に屈しながらも、決して王朝支持ではありません。
この状況下で薩摩の琉球国武力侵攻が起きます。
琉球制圧に成功した薩摩は
・間接的な琉球国支配
・奄美の薩摩への割譲
を要求。実はこの時、奄美側は「憎い琉球から逃れる事が出来るなら、薩摩の支配も受け入れる」姿勢を示します。結果的に、奄美の希望も通り、江戸期から現代に至るまで、奄美は薩摩-鹿児島県に属したままです。

信じられないかもしれませんが、現代でも「奄美や宮古、石垣住人の沖縄本島への怨念」は残っています。
今更、「宮古や石垣を別の県に」は出来ませんが、少なくとも奄美に関しては沖縄県への参加を望む声は少ないままです。本人達が望んでいない以上、第三者が「文化圏が沖縄だから沖縄県編入に」と行動を起こす事は事実上、不可能でしょう。

補足を拝見して
「流れ的にドチラでも良い」はちょっと可哀想過ぎるかも。
日本側の資料に「さも日本領」的な記載が有る事は事実ですが、是だけで単純に「当時の奄美=日本領」と考えるのは早計過ぎるかもしれません。
・少し後の時代の10世紀ながら、奄美の民が大宰府に攻撃を仕掛けている
・12世紀の英祖王時代、琉球・中山国に朝貢している
・遣唐使中継地として使われた云っても、第十回遣唐使の1回だけ
上記状況を第三者的に見ると日本属国と云うより、「日本や琉球本当と付かず離れずの微妙な位置付けの朝貢を行なう独立政権」と見なした方が妥当です。第十回遣唐使時代、たまたま日本との関係が良好であり、遣唐使ルートとして使用されただけかもしれません。
この様な微妙な橋渡り的位置付けで独立を続けた奄美が
15世紀に琉球国から侵略を受ける→
17世紀に薩摩から侵略を受ける→以降、奄美意向も有り日本の領土
となったのではないでしょうか。

冬至楼さん

編集あり2013/9/2107:45:48

奄美は江戸初期の琉球出兵で薩摩藩領に組み込まれていたのです。
明治に沖縄県として琉球王国が日本に編入されたとき、奄美は既に廃藩置県で鹿児島県の一部でした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる