ここから本文です

病名は強迫性障害です。これまでも何度か入退院をしています。今年5月から入院し、...

oka********さん

2013/9/2207:41:15

病名は強迫性障害です。これまでも何度か入退院をしています。今年5月から入院し、良くなってきたとのことで8月に退院しました。薬の副作用が心配で量について教えてください。

入院中の6月から毎食後セルシン錠5mg1錠、夕食後レクサプロ錠10mg2錠、就寝前にジプレキサザイディス錠5mg4錠、リフレックス錠15mg3錠、マイスリー錠10mgを処方されています。退院したにも関わらず、1日に摂取できる最大量をのまされているようです。これまでの経験からこの場合精神療法が重要で、入院中も音楽療法やお友達のおかげて良くなったとおもっています。薬物療法はあまり効き目があるとは思っていません。便秘をはじめ副作用もひどいので、薬を減らし下さいと先生にお願いしているのですが、何度言っても減らそうとしません。そこで自主的に減らそうと思います。いきなり止めるのも心配です。どのように減らしていけば良いのでしょうか?

閲覧数:
1,279
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ni_********さん

編集あり2013/9/2209:18:32

おはようおざいます。

僕も強迫性障害です。
確認型の障害で確認強迫と言われていました。
精神科入院も7ヶ月強を経験しました。
でも、今は、強迫性障害に苦しめられることもなく、普通に社会生活を送っています。
つまり治ったんです。

貴方のご質問に対して、2つのことを申し上げたいです。

1つは、自主的に処方薬を減らす行為は、素人がすることだけにある意味危険だと思います。
ドクターの姿勢も問題なのかもしれませんが、貴方の意に沿わないからと勝手に処方を変えてしまうのは良くないことだと思います。
それに良識あるドクターならば、何の薬に何の効果あるいは期待をして処方しているのか?説明して下さるものです。
僕は、過去にドクターの処方がそれより前に通院してクリニックのドクターの言う限界値を遥かに超えたものだったので抗議しましたが、聞き耳持たずで、案の定強烈な副作用に襲われたために減薬、断薬を待って、見切った経験があります。
患者の言うことに耳を貸さないドクターは失格だと思っています。

2つ目ですが、強迫性障害で入院を繰り返されていると言うことは、それなりのレベル・程度にあると思います。
僕も入院経験があるから言うのですが、このときに僕が強迫性障害の治療に成功したのは、投薬治療(薬物療法)を施したからではありません。
薬物療法は、強迫性障害を発症したときからクリニックにて行ってきましたが、何年と続けても一向に改善されないどころか逆に悪化進行してしまって、だから入院に行ってしまったんです。
けど、入院した当初は同じく薬物療法でした。
しかし、入院後3か月が経過する頃に、入院担当のドクターが、薬物療法では限界と判断され、それでドクターが籍を置く大学病院の精神科で行っている行動療法に治療法を切り替える、すなわちスイッチすると決め、同大学病院で強迫性障害を専門に扱うドクターを紹介して下さいました。
それで、毎週火曜に入院担当ドクターの診察と処方を受け、金曜に専門ドクターによる診察と訓練指導を受けると言った、少し変則的な受診になりました。
しかし、入院担当ドクターが踏んだ通りの展開となりました。
行動療法を開始してからと言うものの、最初のうちはもたつきもしましたが、それでも何とか挑んでいるうちに徐々に快方傾向に傾き、上昇スピードもどんどん上がって、約3か月強で退院出来、その後は通院になりましたが、ざっと半年掛からずで治すことができました。

強迫性障害はある程度のレベル・程度に達してしまうともはや薬物療法は意味を成しません。
理由は簡単で、強迫性障害の治療薬が無いからです。
貴方の処方されている薬もよくは分かりませんが、セルシンが含まれていることを踏まえれば安定剤(抗不安薬)で組み立てていると思われます。(あと、眠剤ですね。)
こんな薬では治癒は無理なんです。

僕は成功者だから自信を持ってお勧めしますが、薬物療法を継続するくらいなら、そして入退院を繰り返しているくらいなら、いっそ訓練療法である行動療法を試されることが一番だと思います。
訓練療法には、よくこの知恵袋にて認知行動療法とかその他の療法を目にしますが、何回も見ているうちに、よくは分かりませんが、どうも認知療法とかは、思考や考え方と言った部分に働き掛けて矯正を図るような印象です。
けど、行動療法は強迫観念と言う概念にアプローチすることはしますが、働き掛けるのではなくブロックすると言う手法です。
だから、強迫観念は潰すことも抜くことも消すことも出来ないけど、でそれ故に繰り返し襲われるけど、強迫行為に移る正にその瞬間を絶ってしまって、決して強迫行為には走らせないと言うものです。
僕は、個人的には、非常に理に叶っていて現実的な対処法だと思いました。

整理しますと、
1.薬の操作は自分勝手にやってはいけない。
2.強迫性障害の治療法そのものを考え直したほうがいい。
と言うことです。

同じ入院をしているのに、僕は期間が長かったとは言え、一発で終わらせていますし、強迫性障害の関係で服薬はありません。

この違いを貴方なりに考えてみて下さい。

お大事にして下さいね。

質問した人からのコメント

2013/9/26 23:17:49

ありがとうございます。良い病院で良かったですね。私も都内の大学病院2か所入院しましたが薬物療法だけでした。私も薬では治らないと思っています。しかしあなたの入院したような良い病院は見つかりませんでした。薬の減らし方は残念ながらどなたも教えて頂けませんでしたが、少しずつ私なりに減らしています。今のところ何の問題もないようです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jim********さん

2013/9/2310:17:42

患者には、医師会でも勧めているセカンドオピニオン(別の医師に診断を受ける権利)があります。精神疾患では心の負担を取り除くことが重要です。そのためには、参考意見として、別の医師の診察を受けてみてはどうでしょう。受診するときに、はっきり自分の意見を述べてください。精神科療法薬は素人判断で薬を減らしたり止めたりしてはいけません。また、副作用でおきる便秘、そしてその不快な症状による体調不良は精神的ストレスの原因となりますから精神面療法は医師の指示通り服用し、肉体面の体調不良は便秘薬や整腸剤では改善しませんからぬるま湯法で毎日すっきり排便して不快症状を改善させましょう。参考までに、 ”向精神薬” ”腹痛 おなかの張り” ”NHKためしてガッテン” ”絶対排便力ぬるま湯法” ”大腸の奥まで洗浄” ”1日を快適に過ごすために” が「絶対排便力ぬるま湯法」(検索)内の「便秘解消の目安」に解説してありますから読んでください。お大事にしてくだっさい。

mel********さん

2013/9/2216:18:59

薬を減らさないのは、主治医がまだ必要と判断しているからでしょう。
私の知り合いの精神科医は、自分で勝手に減らしたら、てんかんが起きるからやめたほうがいいといっていました。

inf********さん

2013/9/2208:32:30

精神疾患の場合自分の判断で薬をやめない方が良いと思います。
場合によっては今よりも状態が悪くなる場合があるそうです。
副作用はきついですが我慢するしか無いと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる