奄美大島や徳之島は以前、琉球王国の一部だと聞いたことがあるのですが、どうして今は鹿児島県なのですか? 与論島と沖縄本島の間に境を決めたのは誰ですか? 奄美大島と種子島は結構離れてますよね。

奄美大島や徳之島は以前、琉球王国の一部だと聞いたことがあるのですが、どうして今は鹿児島県なのですか? 与論島と沖縄本島の間に境を決めたのは誰ですか? 奄美大島と種子島は結構離れてますよね。

日本史8,252閲覧

6人が共感しています

ベストアンサー

7

元鹿児島県民です。それは、行政範囲に関する歴史的な経緯の相違によるものと考えます。 長い歴史の中で奄美群島 http://homepage2.nifty.com/kamitaku/AMAMIKAN.HTM が琉球王国だった時期は、琉球王国による奄美諸島の征服があった15世紀から、慶長14年(1609年)の薩摩藩による琉球征服までの約200年弱だけのことであり、それ以外の時期は、日本の統治下にあったか、或いは「日本の統治下にも琉球王国の統治下にもない状態」でした。 詳しく説明申し上げます。 古代律令制国家の奈良時代直前~奈良時代の時期には、奄美群島は通常の国内の統治下にはなく、租庸調の税制の対象外であったため、奄美群島に令制国 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD は設置されていませんでした。とは申せ、奄美からの朝貢があった旨の記録が残っています。これに対して、沖縄本島からの朝貢の記録は、少なくとも今まで私が接した情報の範囲では、ありません(ただし、遣唐使船が難破して辿り着いた記録はあったかと思います)。古代の奄美群島は日本に朝貢したとは申せ、令制国の範囲外ではあり、また、琉球王朝成立以前ですので、「日本の統治下にも琉球王国の統治下にも属さない状態」と言えると思います。 中世の鎌倉時代には、薩摩国の川辺(かわなべ)郡(概ね現・鹿児島県南九州市 http://homepage2.nifty.com/kamitaku/NANSATUK.HTM#minami_kyushu_city 枕崎市 http://homepage2.nifty.com/kamitaku/NANSATUK.HTM#makurazaki_city 南さつま市 http://homepage2.nifty.com/kamitaku/NANSATUK.HTM#minami_satsuma_city )を領有していた鎌倉幕府御家人の千竈(ちかま)氏 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E7%AB%88%E6%B0%8F が、奄美群島を采配地としていたとの由です。したがって、この時点では、奄美群島は日本の統治下にあったことになります。一方、沖縄本島は千竈氏采配地ではありませんでしたので、この時期には日本の統治下にはなかったことになります。 15世紀に沖縄本島で琉球王国が成立すると、奄美群島は琉球王国の侵攻を受けて、琉球王国と薩摩国の武士勢力(千竈氏の現地残存勢力)との勢力がぶつかる場所になり、軍事衝突も発生した可能性があるとされています。結局、15世紀に琉球王国が、奄美群島の地元勢力も千竈氏の現地残存勢力も打倒して、奄美群島の征服に成功して、奄美群島は琉球王国の領土になりました。この時点から、後述する薩摩藩の琉球征服までの間の約200年弱の間は、奄美群島は「琉球王国には属していても、日本の統治下にはなかった」ことになります。 江戸時代初期の慶長14年(1609年)には、奄美群島を含む琉球王国は、薩摩藩による琉球征服を受けました。薩摩藩が琉球王国を支配下に収めまた際、沖縄本島以南においては対中国朝貢貿易を続けることを意図して琉球王国を存続させて間接統治しましたが、奄美群島は琉球王国から切り離して薩摩藩直轄領としました。このため、江戸時代においても、政治史上は奄美群島は沖縄本島以南とは異なる道を辿っていました。薩摩藩直轄領でしたので、この時期の奄美群島は完全に日本の統治下にあり、一方、実質上は薩摩藩に支配されているとは申せ建前上は、琉球王国は国家としての体制を残していました。 薩摩藩治世下の奄美群島では、サトウキビ栽培の強制を通じて薩摩藩の奄美群島統治は圧政であり、それは、酷(ひど)い黒糖地獄でした。後年の明治維新を可能ならしめた幕末の薩摩藩の経済力は、奄美群島で取れるサトウキビ原産の黒糖が交易上の大きな要因の中の一つですので、東アジアの植民地化が進む当時の厳しい国際情勢下で、明治維新とそれに続く国家の近代化を成し遂げて、日本が植民地化されずに独立を維持できた背景要因の中の一つに、このような奄美群島の住民達の苦しみがあったことを、「トカラ列島以北」の日本人は忘れてはいけないと思います。 征服したにもかかわらず沖縄本島以南が薩摩藩直轄領にならなかった理由は、中国(明、後に清)への朝貢貿易を続けることによる交易権の確保です。中国への朝貢は冊封(さくほう) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8A%E5%B0%81 体制の下で行われたため、中国への属国化を避けて日本が(実質上だけでなく、建前上も)独立を維持するためには、(薩摩藩も含めた)日本が朝貢貿易を行う訳にはいきません。しかし、「鎖国は、国を閉ざすというよりはむしろ、より厳密に申せば貿易を江戸幕府で独占する制度である」ため、鎖国体制が強化されつつある状況下で、長崎の出島経由の幕府ルート以外に独自の貿易ルートを確保しなければ、海洋藩でもあった薩摩藩は経済的に立ちゆかなくなってしまいます。密輸という手もあるのですが(実際に薩摩藩は密輸もしていましたが)、「鎖国による出島だけの、幕府だけが行う貿易」体制の数少ない例外として幕府が認めてくれた、出島ルート以外の数少ない合法的な貿易ルートが、「実質的には薩摩藩支配下にあっても、建前上は琉球王国を残して中国に朝貢貿易を行う」方法論だった訳です。 明治維新後の廃藩置県の際には、奄美群島は江戸時代に薩摩藩直轄領だったため、鹿児島県に編入されました。一方、薩摩藩内では直轄領ではなく間接統治下にあった琉球王国は、琉球藩を経て、沖縄県になりました。別の県になったのは、この時です。 上記の明治初期の廃藩置県時期までの歴史の過程で、奄美群島が琉球王国に属していた時期は、琉球王国に征服された15世紀から、薩摩藩に征服された17世紀初頭までの間の約200年間だけです。かつ、奄美群島から見れば、薩摩藩だけでなく、琉球王国からも侵攻を受けたというのが、この歴史の流れです。また、タイミング的には、丁度、明治維新後の明治新政府確立時の廃藩置県実施時に、奄美群島が薩摩藩直轄領だったことになります。 > 与論島と沖縄本島の間に境を決めたのは誰ですか? それは、明治政府です。ただし、かつて欧米列強による植民地化の時代に欧米諸国がアフリカや中近東で地理・歴史を無視して直線的な線引きをしたのが今日の国境になっているような事例とは異なり、地理や歴史を無視した訳ではありません。上記のとおり、沖縄本島以南と奄美群島とは歴史が異なっており、それに基づいて決めたものになります。 言い換えれば、領域の確定は、ヒトがアタマで考えるという要因だけでなく、「事実・実体がそうだから、それに合わせて線引きする」という要因もあるということです。ですから、意思決定手続き上、奄美群島を沖縄県とは別にしたのが明治政府だったとしても、直近の江戸時代に全社は薩摩藩直轄領であって後者はそうではなかったという実状があるため、当時の明治政府は「白紙の状態での意思決定」を行った訳ではなく、単に「実状がそうだった」という要因の方が大きいと思いますので、奄美群島を沖縄県に含めるか否かという見地からは、「ヒトの判断が入る余地」は余りなかったであろうと推測します。「はじめに事実ありき」というか、「はじめに実状ありき」だったのではないでしょうか。 > 奄美大島と種子島は結構離れてますよね。 ご指摘のとおり、奄美大島と種子島 http://homepage2.nifty.com/kamitaku/TYAKUKAN.HTM#tanegashima は離れています。また、奄美大島は沖縄本島のすぐ北にあり、それとは比較にならない程に、鹿児島県の九州島内エリアは正しいです。 ただし、奄美大島と種子島との間には他にも島はありますので、この点について、誤解なさらぬよう、お願い申し上げます。有名なところでは屋久島 http://homepage2.nifty.com/kamitaku/TYAKUKAN.HTM#yakushima があり、また、吐喝喇列島(トカラ列島) http://homepage2.nifty.com/kamitaku/TYAKUKAN.HTM#tokara_isklands も連なっています。このとおり、奄美群島-種子島間でも、実は結構、島は連なっています。

7人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど。詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2013/9/29 18:12

その他の回答(1件)

2

詳しくは知りませんが、慶長十四年(1609)七月、徳川秀忠は島津家久および義久・義弘に琉球平定の褒賞の書を発給し、家康は戦功を賞して琉球領知の黒印状を下付しました。その頃、琉球の支配から離れ奄美諸島は鹿児島藩の直轄支配地となり、元和二年(1616)鹿児島藩は徳之島奉行を置き、徳之島・沖永良部島・与論島を直轄支配地にしたそうです。 (補足)慶長十六年九月、鹿児島藩は沖縄および諸島高8万9086石の内、5万石を王家蔵入と定め、琉球王・尚寧に知行目録を給しています。尚寧は鹿児島藩に対して起請文を提出しています。

2人がナイス!しています