ここから本文です

太陽光システムキット価格が安い! 「13.1万円/kW」が登場! ⇒ こんなに安...

blu********さん

2013/9/2519:20:03

太陽光システムキット価格が安い! 「13.1万円/kW」が登場!

こんなに安い!?
どこまで下がり続ける?
太陽光の発電コストは火力「10円/kWh」よりずっと安い!?

もう、原発は本当にいらない!




・・・

『架台を分離した太陽光システム、49kWで648万円』 2013年09月25日

「メガソーラーよりも小規模な産業用太陽光発電システムの導入数が増えている。この市場を狙う製品も続々と登場してきた。バイタルフォースは太陽光発電システムの「基礎工事と架台」をそれ以外の部材から分離することで、低価格化したシステム製品を2013年9月に発売した。[畑陽一郎,スマートジャパン]

産業用太陽光発電システムを設計、販売するバイタルフォースは、2013年9月、出力49.5kWの地上設置型太陽光発電システム「アマテラス・ソーラー」の販売を開始した。特徴は、「基礎工事と架台」を別売にすることで、価格を648万円(税別)まで抑えたことだ。

なぜこのような販売形態を採るのだろうか。「50kW前後の地上設置型(野立て)太陽光発電システムを導入しようとする事業主は、工事業者にシステムの見積もりを取ることが多い。すると割高な価格を提示されてしまう。なぜなら工事業者は建設能力が高いものの、部材の仕入れにはあまり力を発揮できていないからだ」。

工事業者が安価な部材の組み合わせであるアマテラス・ソーラーを導入し、業者ごとの設計・建設ノウハウを生かす。それにより、顧客案件ごとに最適でコストを抑えた太陽光発電システムを販売できるという考え方だ。それでは個人は販売対象になっていないのだろうか。「個人にも販売する。各地域の工事業者と提携しており、紹介できるからだ」。

基礎工事と架台の費用がどの程度になるかは、どのような土地にシステムを設置するかによって異なる。水平で堅く締まっており、正方形に近い形状の土地に設置する場合は、コンクリート基礎ではなく、単管(パイプ)を打ち込み、その上に架台を組み上げる形を採ることができるという。「この場合は設計と工事を合わせて1kW当たり8万円以下で仕上げることができる」。従って、工事費用は400万円以下ということになる。

製品の構成内容はごく一般的

アマテラス・ソーラーは多結晶Si(シリコン)太陽電池モジュールとパワーコンディショナー、交流集線箱をセットにしたシステム製品だ。

太陽電池モジュールとしてカナディアン・ソーラーの産業用太陽電池モジュール「CS6P-255P」(出力255W)を200枚用いる。パワーコンディショナーは田淵電機の三相9.9kW対応の「EPU-B-T99P-SA」を5台利用する。停電時に自立運転が可能なパワーコンディショナーだ。この他、河村電器産業の5回路対応の交流集線箱を1つ使う。

「今回、カナディアン・ソーラーと田淵電機の組み合わせを選んだ理由は、当社の産業用太陽光発電システムで多数の導入実績があったからだ。今後は、顧客の要望に応じて、太陽電池モジュールの種類を変え、アマテラス・ソーラーの製品ラインアップを増やしていく」。」





・・・

◆太陽光発電の発電コストは、すでに火力「10円/kWh」よりもずっと下がった!

◇パネル購入単価
丸紅のパネル購入単価は「8.3万円/kW」

◇パネルシステムキット価格(工事費別)
・ イー・コモンズ(株);「20万円/kW」
・ Looop(株);「17.6万円/kW」
・アマテラス・ソーラー(株);「13.1万円/kW」(架台も別)

◇パネルシステム価格(工事費も架台も含む)
・Looop(株);「20万円/kW」
・アマテラス・ソーラー(株);「21.1万円/kW」

◇パネル寿命は20年ではなく30年。(25年保証付き)




・・・

◆太陽光は完全に立ち上がった!

2013年5月時点で、累計で約850万kWの太陽光が、すでに運転開始している。
2012年7月申請開始から2013年5月までのたった11ヶ月での設備認定が2091万kWで、そのうち運転開始したのが291万kW。
2013年度に入って、毎月約62万kWづつ新たに運転開始している。
→ 1年半後には太陽光の稼働は「2000万kW」を軽く超えるだろう。

震災後の3年間で新設の火力発電が「約2000万kW」増強され、かつ、最大電力需要は「約2000万kW」減少した。
太陽光の出力変動の調整には、今もほとんど全く使われていない揚水発電「2600万kW」を使えば良い。
→ もはや、原発など無くても全く問題ない!



◆原発を廃止決定しさえすれば、

・老朽火力の更新/転換が民間資金で一気に進み、火力燃料費とCO2問題は短期間に解決する。
・電力の自由化が可能になり、電力業界の莫大な無駄が吐き出されて、全てが半額になり、電気代も半額になる。
・汚職/癒着/不正の象徴である”汚い”「原発」が無くなり、オリンピック開催国にふさわしい国になれる。
・原発によって邪魔されていた、「先端火力」や「再生可能エネ」や「省エネ」や「電力インフラ」などの産業が活性化され、大きな民間設備投資が始まり、大きな雇用が生まれる。

日本経済のために、みんなの命のために、世界のために、原発は速やかに廃止すべき!





架台,アマテラス・ソーラー,田淵電機,パワーコンディショナー,EPU-B-T99P-SA,原発マヒィア,キロワット単価

閲覧数:
6,984
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

c20********さん

2013/9/2700:14:15

前の新電力の質問では、物足りないが一応の回答が付いていたので、新顔に譲っておきます。
さて、バカが2名程潜り込んで、原発の在りもしない存在根拠を強弁する者や、数値にトリックがあると言う者が居り、笑い転げております。
まあ、石油火力の17円/kWhは無視しても、LNG等の天然ガスが13円/kWh→ほぼ無限に低下(国産メタンハイドレードの商用化も直ぐ)、石炭5円/kWhで、主流が天然ガスに移行し始めたので10円/kWh程度であります。
原発は、バックエンドコストや原発マヒィアへの無駄金のばら撒き等で∞/kWhであり、残す経済的意味は無く、核武装以外には(マイナスの)存在意義は無いのであります。
(1) ミドルソーラーが10kW〜1,000kWですから、50kW弱と言う事は最小クラスのミドルソーラーと言えます。
工事業者は建設能力が高い反面、部材仕入能力が弱く、工事業者に任せて見積もらせれば、結局は高い買い物に成る事が従来の太陽光発電システム導入のネックに成っていたのであります。そこで、各工事業者ごとに設計・建設ノウハウを生かして、アマテラスソーラーを導入すれば、顧客案件ごとの安価な最適価格に成ると言う事であります。個人にも売るのは当然であり、集合住宅を経営する家主等は顧客に成るでありましょう。
アマテラスソーラーを保証期間の25年使うと7.7円kWhとなり、30年使うと6.4円/kWhとなり、明らかに当面の火力より安い計算に成るのであります。
(2) 太陽光発電が仮に2013年に稼働開始するのが月当たり62万kWと成ると、今年中に1,284万kW、2014年中に2,084万kWと成り、此れに0.125を掛ければ260.5万kWで、原発約3基分と言う事に成ります。毎年このペースでも、93万kWずつと言う原発1基ずつを増やす事に成るのであります。
私は揚水発電は高く付くから反対であり、4,800万kWの既存水力を大きいと思うのであり、此れに新設火力2,000万kW、最大需要電力削減(省エネ効果)が2,000万kW、売電分が3,000万kWであり、太陽光発電を加えると12,060万kWと成り、従来の最大需要電力の18,000万kWとは6,000万kWと肉薄するのであります。
つまり、当面は原発と老朽石油火力、老朽LNG火力、老朽石炭火力を廃止しても、火力全体は18,170万kWであり、その1/3を残して先端火力にリプレースすれば何らの支障も無いのであります。
(3) この老朽化の激しく無いモノも順次、先端火力(GTCC、IGCC、IGFC、超々臨界圧等)に民間資金で更新すれば良く、短期に稼働まで持っていけるし、LNGやシェールガス、メタンハイドレード等の価格低下や国産化も可能であり、燃料コストとCO2排出問題も簡単に解決できるのであります。
そして、【ジャパン(アジア)スーパーグリッド構想】等の第二送電網の整備も進み、先端火力や再生可能エネルギーの大量増設があれば、自然に民間主導で【電力の完全自由化】が既存電力会社を無視して進んで行くのであります。
従って、原発を保有する社会主義企業で犯罪者集団の既存電力会社はその大半が、原発と原発マヒィア共に消滅するのであります。それ故、汚らしい原発と原発ムラは消え失せて、オリンピック開催までに消滅するのであります。
このように、原発により阻害されて来た国益は、原発と原発マヒィアの消滅と共に、経済成長と雇用の創出へと繋がるのであります。

前の新電力の質問では、物足りないが一応の回答が付いていたので、新顔に譲っておきます。...

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2013/9/2612:03:35

「13.1万円/kW」が登場! ⇒ こんなに安い!?

★このキロワット単価にはトリックがあります。
構築コストの半分弱を占める【架台】を含んでいません。
架台のキロワット単価は4~10万円/キロワットですから、この価格表示はペテンもいいところです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

net********さん

編集あり2013/9/2520:17:49

カナディアンソーラーって、本社がカナダにあるだけで、
経営者は中国人だし、生産工場も中国にあります。

太陽電池をつくるためには大量の電気が必要。
中国も電力不足で原発をたくさん作ってます。
現在、15基稼動中で、30基建設中。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=74604
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%8E%9F%E...

中国製の太陽電池を日本でたくさん使って、
中国の原発増やすのに協力して、オメデタイことです。
中国の原発が増えれば比例して事故の確率も増え、
事故が起これば今度は西日本が被害に合いますよ。

安いからって中国製の太陽電池普及させちゃダメです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる