ここから本文です

農地の賃借権者(債権に大別される)や永小作権者等(物権に大別される)について ...

アバター

ID非公開さん

2013/9/2920:02:58

農地の賃借権者(債権に大別される)や永小作権者等(物権に大別される)について ①一般法民法に債権である賃借権や使用借権については「譲渡及び転貸制限」があって、 賃借権や使用借権については設定者側の承諾があって初めてそれができるされていますが、譲渡や転貸にもあたらない「転用」は、「それら所有権以外の土地使用収益権者」が行なうことはあるのでしょうか?? ②農地法第4条第1項許可は、農地所有権者が自己で人為的に 「農地」→「採草放牧地」、「農地」→「農用地以外の土地」へすることだけには限定して読んでいましたが 読み返してみますと 所有権以外の土地使用収益権者がそれを人為的にすることも許可対象から排除してないと思うのです よく分からなくなったので教えてください よろしくお願い致します!

補足補1:使用収益の期間途中で権利設定者側(土地所有権者や、転貸の場合には原土地使用収益権者側)の同意書を添付して申請するのは農地法第4条第1項項許可でしょうか?設定者側の同意をもって設定受の「所有権以外の土地使用収益権の内容」に変更を加え「用法要領を農地→農用地以外の土地可」とする理解で良いでしょうか? 補2:農地法第5条第1項許可により、「権利設定受者が農地→農用地以外の土地に人為的にする場合」も設定者側同意書は必要ですか?補3:所有権以外の土地使用収益権が設定されて農地利用されていたが、「移転に伴い移転受者が農地→農用地以外の土地とする場合」には当初設定の一個の原使用収益権の用法要領の内容が変わるので用法要領変更用の同意書が必要ですか? 補4:譲渡転貸制限がある賃借権・使用借権については、「移転」・「当該債権を目的とする他の使用収益権設定」の場合にもその制限解除用の同意書が必要ですか?

閲覧数:
276
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohb********さん

編集あり2013/10/207:31:32

できるのはできますが、新たな権利設定を伴う場合は第5条許可対象となるので、契約をしなおさなくてもできるような、軽微なものに限られるでしょう。

例えば、工期が長期にわたる土地改良(個人で行うもの)に伴う一時転用許可とかですかね。

宅地に転用するとかだと、契約し直すことが必要になるでしょうから、第5条許可の方でしょうね。

なお、所有者ではない耕作者が農地転用許可申請者となる場合は、土地所有者の同意書添付が必要です。

土地所有者の同意書添付は、第4条の場合だけです。

第5条の場合は、権利設定者との連名申請であり、土地所有者と耕作権者の両方が申請者になりますから、同意がどうのという問題ではないです。

それから、転用目的での転貸なんていうのは不可です。

当初の貸借は解除した上、土地所有者と転用者が直接、転用目的での貸借を新規に行うという形でなければ許可しません。
(第5条許可で、耕作権者がいる農地を、耕作権者以外の者が転用する場合は、転用前に耕作権の解除がされることが、許可の条件になっています。)

転貸は、そもそも農地法で制限(第3条第2項第6号)があり、当事者間の特約の有無に関係なく、基本的にできません。

アバター

質問した人からのコメント

2013/10/6 15:03:22

降参 賃借権や使用借権などの使用収益権のうち用法要領変更が可能な使用収益権については、用法要領変更用同意書を添付して農地法第4条第1項許可受可能なことが分かりました ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる