ここから本文です

核ミサイルは上空で迎撃された場合は、放射能被害は心配ないのですか?

livelongenoughtoliveforeverさん

2013/10/1023:24:42

核ミサイルは上空で迎撃された場合は、放射能被害は心配ないのですか?

閲覧数:
22,082
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuma560sfさん

2013/10/1100:49:54

核弾頭の耐熱シールドなどが損傷し、なおかつ弾頭内部の核物質を内包する容器…ガンバレルあるいは濃縮レンズが損傷して核物質が露出あるいは四散した場合、核分裂に用いるプルトニウム239やウラン235そしてアクチニウム系列の放射性物質がでます。

あくまで臨界ではなく核物質本体や貯蔵時のゆるやかな自然崩壊にともなって発生した放射性物質ですので、汚染は発生するものの量自体がかなり少なかったりします。ですので、かつてアメリカでは未臨界のプルトニウムの剥き出しの塊を研究者が生身で扱ってたりもしました(デーモン・コア等)。

ただしガンバレル方式で臨界量相当のウランが装填されていて持続的な臨界状態が発生する、あるいは起爆システムに異常が発生して完璧ではないもののいくらかの核分裂を伴う爆発が発生した場合、ある程度の汚染は発生すると思います。


重量の問題から核弾頭自体に使える核物質量には限界があるため、数発程度の核攻撃では大量の核燃料が存在する重度の原発事故ほどの長期化してしまう汚染が起きることはまずないと思います。
しかし核弾頭ではなく汚染自体を目的とするダーティボム(汚染物質ばかりを装填した弾頭)の場合、迎撃でも深刻な汚染が発生してしまいます。

質問した人からのコメント

2013/10/18 02:05:28

ありがとうございました

「核ミサイル 迎撃」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sasorizadayoさん

2013/10/1023:53:32

核ミサイルは着弾したら爆発するのではなく、電子制御で起爆するようになっています、核壁容器は丈夫なので迎撃しても壊れません。
簡単な仕組みを説明すると濃縮されたウランの中に中性子が入り一気に核分裂反応をおこす、その分裂する際にでる高温で焼き尽くせるのが核ミサイル、小さい太陽が落ちてくるのと一緒ですね。

tomsan421205さん

2013/10/1023:45:54

核爆発と比べたら蚊に刺されたくらいの汚染でしょう。範囲も狭い被害ですみます。

momopen3891さん

2013/10/1023:26:34

核物質がまき散らされる危険性はありますが、核爆発は起きませんので被害は抑えられますね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。