教科書採択について 小学校に在籍中、採択教科書が変更になった場合は旧教科書を使用するのか 新教科書を使用するのかどちらでしょうか?

教科書採択について 小学校に在籍中、採択教科書が変更になった場合は旧教科書を使用するのか 新教科書を使用するのかどちらでしょうか?

小学校434閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

ご質問の趣旨は主に教科書の「上・下」に関わることかと思います。 教科書の「上・下」の分け方は会社によってまちまちで、統一されていません。 例えば「家庭科」でA社は5年生と6年生が別な教科書ですが、B社は「上・下」に分けて「上」が5年生、「下」が6年生で使用という場合があります。 教科書が年度途中で変わることはありませんのでA社のように学年ごとに分けられたものを使用している場合、新年度で教科書が変わっても問題はありません。 問題はB社のものを使用していた場合です。「上」を5年生で使用し、6年生になるときにC社に変わった場合ですね。 B社の教科書では6年生で学習する予定だった単元が、C社に変わったためにその単元は学習しないで卒業ということになりかねない状況が出てきます。この場合C社は本来の教科書以外にその単元だけの補助教科書を作って児童全員に配布することになります。 学習指導要領はこれまで長くて10年で改訂されてきていますが、教科書はそれより頻繁でほぼ5年以内で変わってきています。教科書が変わるときは地区でどの会社のものを使うか検討されますが、教科によって引き続き同じ会社のものを採択する場合も出てきます。同じ会社のものでも旧教科書と単元配列を変えている場合がありますので、上記の「会社が変わった場合」と同様の対応の必要性が出てくることも考えられます。 学習する内容は学年ごとに学習指導要領で決められていますので「素通り」はできないのですね。 また「図画工作」や「生活科」などのように、「上・下」をまとめて1年生で配り、1~2年生の2年間で「上・下」を消化するというケースがあります。この場合仮に2年生になるときに教科書が変わったとしたら、新2年生は持ち上がりの旧教科書を使用し、新入学の1年生は新しい教科書を使うということになります。 学習指導要領の改訂のときは教科書も全面的に変わりますので、この場合は「旧」教科書を使用することはありません。 昔は「上・下」に分かれていても必ずその学年で終わるようになっていました。(例外的に「地図帳」は学年をまたいでいましたが) 社会の進展とともに教育の方法や内容も緻密・多岐になり、それにともない教科書の取り扱いも複雑になってきたということでしょうか。

その他の回答(1件)

0

その学年は、1年間その教科書を使います。 採択教科書が変わっても、新しい学年からその教科書を使いますから、なんら問題は有りません。 質問の意味が良く分かりませんね。 教科書は1年ごとに新しい学年の物に変わりますよ。