ここから本文です

デビットカードとクレジットカードの違い

波平さん

2007/5/420:06:43

デビットカードとクレジットカードの違い

最近、「VISAデビットカード」なるものを知ったのですが、クレジットカードとデビットカードの違いがよくわかりません。
私の知っているデビットカードとは、銀行のキャッシュカードを使った店頭での銀行口座からの即時引き落としだと、理解していたのですが、
VISAデビットカードなる物が出現して、クレジットカードとの違いがわからなくなりました。

「デビットカード」と「クレジットカード」の違いとメリット、デメリットを教えてください。

閲覧数:
218,730
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ceb********さん

編集あり2007/5/510:29:00

こんにちは。

>私の知っているデビットカードとは、銀行のキャッシュカードを使った店頭での銀行口座からの即時引き落としだと、理解していたのですが、

今までご存知だったのはJ-Debitだと思います。
今ひとつ普及しませんでした。

http://www.debitcard.gr.jp/

>最近、「VISAデビットカード」なるものを知ったのですが、クレジットカードとデビットカードの違いがよくわかりません。

「VISAデビットカード」はVISAマークのあるお店で使えます。
J-DebitはJ-Debitマークのあるお店で使えます。
共に「使った店頭での銀行口座からの即時引き落とし」になります。

>「デビットカード」と「クレジットカード」の違いとメリット、デメリットを教えてください。

「クレジットカード」は支払いが即時ではありません。
メリット=支払い日までに入金すればよい。
デメリット=使い過ぎの心配があります。

「デビットカード」
メリット=使い過ぎの心配がありません。
デメリット=現在口座にお金がないと決済できません。
------------------------
>「VISAデビットカード」とはいわゆる提携カードで、通常のデビットカードにVISAのクレジットカードの
機能がついているものです。
デビット・クレジットカードの両方が使用できるお店ではどちらを使うか選択できデビットカードが使用できないお店で、クレジットカードが使用できる場合はVISAのクレジットカードとしての機能が使用できます。

そうではありません。「VISAデビットカード」はクレジットカードではありません。「VISAのクレジットカードとしての機能」はありません。
http://www.surugabank.co.jp/surugabank/01/05/11/0105112000.html

>海外では使用できない。

「VISAデビットカード」は海外で使用できます。
「J-Debitカード」は海外で使用できません。

「VISAデビットカード」は「国内260万以上、世界中に2,400万以上あるVISA加盟店で24時間365日キャッシュレスショッピング。利便性に加えてセキュリティも充実した、新世代の決済ツールです。」

>毎年手数料を取られるカードもある。

デビットでも年会費があるカードがあります。
http://www.nikko.co.jp/service/card/debit/platinum/application/inde...

>海外でも利用可能(クレジットカード会社で受けられるサービスもある)

サービスはデビットでもあります。
http://www.nikko.co.jp/service/card/debit/platinum/service/index.ht...
------------------------
以上、回答した人: pikminpurpleさん は銀行のキャッシュカードにJ-Debit機能、VISAのクレジット機能がついたものと勘違いされているのではないでしょうか。
J-Debitと質問の「VISAデビットカード」は違うものです。

日本のVISAデビットは現行「スルガVISAデビット」「日興プラチナデビット」「郵貯セゾンチェックカード」の3つのみです。
夏以降「イーバンクマネーカード」が加わる予定です。
------------------------
>回答した人: abashiri1978さん
日本では多くの方が、デビットカード=J-debitと思われていることから混乱が生じています。

そのとおりです。

TOKYO STAR DEBITはMasterで、新規発行ではありません。
By スルガ http://www.his-j.com/worldcabit/index.htm

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aba********さん

2007/5/423:22:02

日本では多くの方が、デビットカード=J-debitと思われていることから混乱が生じています。

クレジットは貸方(信用貸し)、デビットは借方で相反する概念です。クレジットカードは、カード会社が利用者に代わって支払い、利用者から見ると後払いになります。これに対しデビットカードは、利用者があらかじめ預けた口座の中から支払う形で、前払いになります。デビットカードの最大のメリットは、使いすぎが生じないことと、収入の少ない人でも利用できることです。

日本のデビットカードは、銀行のキャッシュカードを利用したJ-debitが有名ですが、これは世界的にはマイナーな部類に入ります。欧米のデビットカードは、預金の範囲内でカード会社を利用するものが中心です。VISA,MASTERは日本ではクレジットカードが有名ですが、欧米の利用の中心はデビットカードです。日本のデビットカードには、「郵貯セゾンチェックカード」「東京スターデビット」「SURUGA VISAデビット」などがあり、今後増えていくものと思います。

pik********さん

2007/5/420:55:17

「VISAデビットカード」とはいわゆる提携カードで、通常のデビットカードにVISAのクレジットカードの
機能がついているものです。

デビット・クレジットカードの両方が使用できるお店ではどちらを使うか選択でき
デビットカードが使用できないお店で、クレジットカードが使用できる場合は
VISAのクレジットカードとしての機能が使用できます。

「デビットカード」と「クレジットカード」のメリット・デメリットとしては

「デビットカード」
 メリット
 ・指定口座からの直接引き落としの為、現金決済と変わらない扱いとなる。
 (家電量販店では現金と同じぐらいのポイント還元を受けられる。)

 ・わざわざ銀行へお金を下ろしに行く必要がない。

 デメリット
 ・デビットカードを使用できるお店がまだまだ少ない。
 
 ・海外では使用できない。

「クレジットカード」

メリット
 ・デビットカードに比べ取扱店が格段に多い
 ・海外でも利用可能(クレジットカード会社で受けられるサービスもある)

デメリット
 ・実際にお金が減っていくわけではないので計画的に使用しないとあっという間に
 借金地獄におちいる。

 ・毎年手数料を取られるカードもある。

 

ong********さん

2007/5/420:13:24

VISAデビットカードですが、visaの加盟店であればデビットカード未対応の店舗でも使用できるというものです。
あくまでもデビットカードと同じで、決済時に即口座から引き落とされます。
残高不足であれば決済ができないです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる