浮気相手との別れ方で悩んでいます。 7月にある男性との関係で質問させて頂いた者です。 その後、私の中で確信をつく出来事があり、彼には彼女がいる(or婚約済。もしかしたら妊娠したばかり)可能性が高まりました。

浮気相手との別れ方で悩んでいます。 7月にある男性との関係で質問させて頂いた者です。 その後、私の中で確信をつく出来事があり、彼には彼女がいる(or婚約済。もしかしたら妊娠したばかり)可能性が高まりました。 純粋な好意、気晴らしなど、彼の私に対しての気持ちは+も-も様々あっての今だと思います。彼の中にこのままでは駄目だという葛藤があったのも、感じることがあったので分かります。どの気持ちがどの割合だったかはわかりませんが、離れる前にどう思われていたのか彼の口から聞きたいという思いが消えません。その答えが何だろうと彼を一方的に怒らずに、今までの彼の気持ちを全て受け入れたいです。真実を教えてくれたという事実で私自身すっきりできると思います。 今回の件で私が一番に考えるべきなのは、彼のお相手の方だと思います。浮気を許す恋人はいないと思いますし、彼を思い支えてきたような方であれば、彼との現状と彼のこれからを変えるきっかけになりたいです。 ここで互いに言い分をぶつけあって連絡を絶っても、彼のこれからは変わらないのではと思うのです。その方が彼のためなのではと悩みますが、私の狭い考えだけでは判断できません。私の言葉や存在が彼にどれだけ響くかわかりませんが、ぶつけるのではなく、諭すといえば恐れ多いですが伝えていきたいです。 これからは1番大切な人を大切にし続けてその方と向き合ってくれれば、私はこの出会いに意味をもてる気がします。私が彼を変えるきっかけになれるのではと思う反面、浮気相手になってしまった私のやるべきことではないのではと悩んでいます。 私の考えは普通ではない、そこまで彼のことを考えてどうすると友人に助言されました。 私自身、今までの対人関係で相手に負の感情をぶつけて縁を切った経験がありません。逆にそうした方が相手のためだと言われると一理あると思います。悲しみから立ち上がる強さも過ちに自分で気付くことも必要だと思うので。今回は「今までありがとう、お互い頑張ろう」と終わらせるのは難しいとも思います。 結局私に、彼にとって意味がある存在になりたいというエゴ、突き放す辛さに耐えられない弱さがあるから、こんなことを思うのだとも思います。それでも、互いに出会わなければよかったと離れるより、この出会いに意味はあったと思い続けたいというのが私の気持ちです。 私と彼の仕事関係上、頻繁に会えるのは残り数か月となる気がします。できることなら、それまで少しずつ彼と話をしたいです。彼にきっかけを与えようと私が動くことは良いことでしょうか。少しでも良い方向で終わらせることが許されるなら、私ができることは何でしょうか。

恋愛相談839閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

彼だけが彼を変更することを行うことができます。 それはあなたの誇りの維持のためにあります。 誰かのために、誰も返ることを行うことができません。 > 私が今回彼のパートナーさえ見て、1番まで考慮するのは話です。 ので、誇りを破損します、また、彼がナメれてきたのそれに破損されたくないので、それのみ、割れ目としてそれへの人々に役立とうとすることは見られません。 場合、そのような、の中で「策略をしないでください」で、冬1から。 さらに、互いで投げて、分離の場合の否定の感覚を残す必要が完全にあるかもしれません。 それは自分のものです。 私は恐ろしいと思いませんか。 そのようなもの -- 無作法な場合、謙遜する姿勢は通知を喜ばせます。 私は、ものに怒りを入れるのではなく彼にいくらか伝えたい--私は考慮します、非常に

その他の回答(7件)

0

初めまして、あの 何か 大きな勘違いをしていらっしるみたいですが、貴女が 彼に何かゆったところで どう変わるのか? たかが 浮気相手にそこまでの権利があるとでも? 彼をしつける事ができるのは 誰でもない婚約者のみ! 貴女は ただの遊び相手 自分が浮気相手だとゆう事に腹が立って どうにか仕返ししたいと思ってるんじゃないですか? 色々言い訳してますが 要は そうゆう事なんでしょ? 貴女は 役不足 身を引きなさい。 せめて 終わりぐらいはいさぎよく

0

あなたが 思うほど 彼は 思っていませんので そういう 上から目線は 失礼だと 気づいてくださいね 捨てられる みたいな感じになるのが 耐えられないだけでは ? さっさと 離れて 女を 磨きましょう

0

あなた、死ぬほど勘違いをしています。 事実の本質は、彼はあなたを裏切った、ということです。 あなたが考えるべきは、彼のことでも、彼女のことでもありません。あなた自身のことです。彼のことを好きだったのなら、あなたは傷ついているはず。なのに、怒りをぶつけず、彼に何か伝えたい、なんて思っている。 それ、「余計なお世話」ですよ。彼はあなたに教わることを望んでいません。 あなたは、自尊心を傷つけられ、ナメられてきたのに、その傷を見ないようにして、傷つきたくないから人の役に立とうとしているだけです。 傷ついているのに彼のために何かをしたい、という心理は、DV被害者に通じます。彼女たちは、殴られ骨を折られ罵声を浴びせられても、彼が変わるきっかけを私が与えたい、と言うんです。 怖いと思いませんか? 人間心理の闇だと私は思っています。 あなたには難しいでしょうが、 「ふざけるな!」とビンタ一発でさようなら。あとは忘れること。 あなたの自尊心を守るためです。