ここから本文です

昔、私達が教わった歴史では、鎌倉は:北條氏、小田原は:北条氏でした。何時の間...

kanetamaru041さん

2007/5/1020:59:53

昔、私達が教わった歴史では、鎌倉は:北條氏、小田原は:北条氏でした。何時の間にか、両者共北条氏になりました。その理由・原因は何でしょうか???歴史専門の方のご意見をお聞きしたいと思います。
以上

補足現在でも、北條・北条の両姓が現実に存在し、常用漢字が変わったからといって、北條政子が北条政子に書き換えられるという:何と言って宜しいやら、矛盾を感じざるを得ません。個人的な見解としては、鎌倉北條氏は、北條氏で記載されて欲しいと思います。
以上

閲覧数:
4,587
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

woo_woonさん

編集あり2007/5/1208:53:00

條は条の正字ですから,北條氏と書いても北条氏と書いても全く同じことです。かつては鎌倉と小田原の両氏を区別するために,前者を北條氏,後者を北条氏と書き分けたりしていました。

しかし,1981(昭和56)年に文部省国語審議会(現,文部科学省文化審議会国語分科会)から常用漢字1945文字が発表され,法令,公用文書,新聞,雑誌,教科書などもこれに準拠することとなりました。

以前の当用漢字では條でしたが,常用漢字では条を採用していますから,人名も北条氏に統一されることになり,現在では鎌倉は北条氏,小田原は後北条氏と書き分けています。

なお,当用漢字から常用漢字となって,他にも人名の表記が変更された例が幾つかあります。

蘭溪道隆 → 蘭渓道隆(溪は当用漢字,渓は常用漢字)
坂本龍馬 → 坂本竜馬(龍・竜は当用漢字になし,竜は常用漢字)など

【補足】
現在,北条・北條の両姓が存在するのは,1871(明治4)年に制定された戸籍法に基づいて,戸籍登録の際に申請された表記に過ぎません。だから,渡辺の「辺」などは「邊」が正字ですが,ややこしい字体であったために申請者が正確な文字をしらず,「邉」など何十種類もの辺が,戸籍上の姓の表記として登録されてしまっています。

あなたが個人的に鎌倉北條氏と記載されて欲しいと思うのは,ご自由ですが,それは,あなたが学校で学んだ時点での表記法であって,文献考証学的にみれば鎌倉・小田原ともに北条氏・北條氏の両方を表記しています。鎌倉が北條氏,小田原が北条氏という歴史的根拠は全くありません。

現在は,歴史的人名の場合(戸籍法以降の個人の表記は登録戸籍に基づきます),世間一般の表記法として北条氏に統一されているのにも関わらず,鎌倉は北條氏に固執するのは,“歴史”というより世間一般の常識?を受け入れたくないという個人的な願望でしかないと思いますが。

ちょっと話しはズレますが,文部省が文部科学省に名称変更になったのにも関わらず,自分が幼い時から覚えていたのは文部省である,だから,文部省と言って欲しい,というようなものです。

幼い時に母親のことを,お母ちゃんと言っていたから,大人になっても公的な場で他人に自分の母親のことを,お母ちゃんと言いますか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mtgyq145さん

2007/5/1306:32:04

同じ北条家ではなく
平家出身の両家
小田原北条家二代北条氏綱が北条家にあやかって付けたもので後北条とよばれる
実は両方共に北條である

北条(きたじょう)家(大江氏の一族で毛利家と分家した)があったためだと思われる
現在は両家とも北条である

旧字体と常用漢字の違いと世俗の認識度だと思われる

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。