ここから本文です

うなぎの肝を食べると、体にどのような良い効果がありますか。

his********さん

2007/5/1113:12:44

うなぎの肝を食べると、体にどのような良い効果がありますか。

閲覧数:
91,655
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cob********さん

2007/5/1113:24:26

うなぎは、日本では昔から滋養強壮に良いと言われ、特に夏
(土用丑の日)に夏場の疲労回復、体力維持のために最適の食材として
食べられてきました。
そのうなぎの中でとくに肝は栄養価が高く、体力維持、回復等のために
食べられています。
うなぎの肝には、うなぎの蒲焼のさらに約2倍ものビタミンAほか、多くの
ビタミン類やアミノ酸類、ミネラル、さらに今話題のDHA・EPAが含まれて
おり、健康維持に必要な栄養成分のかたまりです。
コリンは体の各機能の新陳代謝を活発にし、高血圧の予防、
神経伝達物質の役目も持っており、コリンを補給することによって
加齢にともなう記憶障害を改善してくれるという可能性が考えられています。
コリンは脂質やリン酸とともにレシチンをつくります。
レシチンは、コレステロールを乳化して、動脈にたまらないように
作用するので、動脈硬化を予防し、脂肪肝や脳血管性痴呆に
なるのを抑制します。
コリンは、動脈硬化などの成人病を防ぐだけでなく、血液の流れをスムーズにして、細胞全体の活性化を促すといわれています。
DHAは、脳の中で脳細胞を形成する重要な任務を果たしています。
脳の活動の促進に役立っており、学習機能が高まる、
頭がよくなる可能性があると考えられています。
DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸の略で、魚の脂肪分(魚油など)に含まれる成分です。
人体では、脳、網膜、神経、心臓、精子、母乳中に集中して
含まれ、これらの臓器に対して重要な働きをしています。
ビタミンAの不足は、ドライバーにとって危険な暗順応の低下、ストレス性潰瘍、生殖機能の低下、粘膜上皮の角化など、私たちの体に重大な影響を及ぼします。
したがって、コレステロールを過剰に摂ることなく、必要量のビタミンAを摂ることが大切です。
鳥目を防ぐ。
粘膜や皮膚を強くする。
ガンに対する抵抗力を高める。
肉体、精神、神経を正常に保つ。
(肉体疲労・ストレス・肩こり・目の疲れなど)
糖分をエネルギーに変える。
夜盲症、目の乾燥、視力低下などを防ぐ。
その他の皮膚や粘膜を、健康に保つ。
抗ガン作用。
成長促進。
脂質をエネルギーに変える(肥満防止)。
脳卒中、心臓病を防ぐ。
黄体ホルモンを正常にし、妊娠の条件を作る。
細胞の寿命を延ばす。
呼吸器を保護する。
エネルギーアップで運動能力を増進。
脳細胞の活動を活発にする。
動脈硬化、ガンを予防する。
ストレスによる疲労をやわらげ、回復を早める。
血流をよくして、冷え性などを軽くする。
老化を防止する。
糖質と脂肪の代謝を促進する。
遺伝子の修復に関与する。
インスリンの合成に関与する。
血液循環を活発にする。
コレステロールを抑える。

質問した人からのコメント

2007/5/11 21:21:15

こんなに詳しい回答を頂き、とても感謝しております。うなぎの肝の栄養価に改めて驚きました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

exa********さん

2007/5/1114:16:56

うなぎの油がいいですね。肺炎は一発で治癒します。それからうなぎの皮、ヒョウソウ(爪が腐れる病気)も1ヶ月で完治します。

前者は自分が経験してきたこと。後者は母がそうなったのを見ていた経験からです。肝は正直解りません。食べてみたこともないしね。コブラやハブの血や肝は経験ありますが。

コブラやハブは正に強壮剤ですね。服用した晩も含めて2日間、10回抜きました。失礼な話ですが萎えません。抜いても抜いても勃起したままでした。妻はぐったり、でも自分はビンビン。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる