ここから本文です

名誉毀損と侮辱罪の成立要件として公然性が求められると思いますが、では公衆の面...

アバター

ID非公開さん

2013/10/3020:52:08

名誉毀損と侮辱罪の成立要件として公然性が求められると思いますが、では公衆の面前とはどこまでの範囲を指すのでしょうか。

例えば自分と自分の友人の2人しかいない場で、ある者から名誉を傷つける様な発言をされた場合、その程度では公衆の面前とは解されないのでしょうか。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
814
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

max********さん

2013/10/3021:11:36

不特定または多数の者が認識できうる状態、とされます。

友人は特定少数ですので公然性がありませんが、特定少数であっても噂などで自然に広まる事を期待して他人に話せば名誉毀損が成立するとの立場が一般的です。

アバター

質問した人からのコメント

2013/10/31 05:42:05

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rus********さん

編集あり2013/10/3022:35:27

告訴してみればわかるよ。
本かネットで読んだのか知らないが、
事件が成立するとは別問題だからね。
やってみれば・・・

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる