ここから本文です

アメリカの南部やニューヨークなど一部の地方に黒人が集中している理由は、それ以...

sho********さん

2013/11/215:37:45

アメリカの南部やニューヨークなど一部の地方に黒人が集中している理由は、それ以外の土地では今でも黒人にとって住みにくいということですか?

閲覧数:
291
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sco********さん

2013/11/216:53:43

それも理由かもしれませんが、元々、独立13州から始まった国なので、
そのエリア周辺に多い(住みついた)傾向があるということも言えるんじゃないでしょうか。
アメリカの歴史は、東側から始まって
少しずつ西に移動していった(westward)という経緯があります。
今では西側は、黒人よりむしろヒスパニックが多い傾向があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/13%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0

質問した人からのコメント

2013/11/3 06:44:34

降参 お二人さま、回答ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2013/11/304:54:30

南部に黒人人口が多いのは奴隷制で黒人がアフリカから連れて来られた歴史のためです
奴隷解放後の19世紀後半から20世紀前半にかけて、多数の黒人がよりよい仕事や社会環境を求めて北部の大都市へ移り住みましたが、その移住先の大半はニューヨークとシカゴ、ついでボストンなどでした(これは南部諸都市から大きい道路や鉄道がNYやシカゴに向かって伸びていたからだと思います ミシシッピ~メンフィス~シカゴへと続くI-55なんかが、その道を通って有名なブルースミュージシャンがシカゴに渡ったことで有名です そのため特にニューヨークとシカゴには、今でも残る大きな黒人コミュニティがあります

それ以外の土地でいえば、歴史的に主要な産業もなく白人が大多数を占める農村部などではやはり黒人人口はというか非白人の移民自体が全体的に少ないといえます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる