ここから本文です

美容外科の本当の名医ってわかりませんよね。 ネットの情報、美容整形紹介所、美...

omo********さん

2013/11/1000:57:04

美容外科の本当の名医ってわかりませんよね。
ネットの情報、美容整形紹介所、美容整形ジャーナリストなどなど情報は手に入りますが、人を通じての情報はやはり信用性に欠けますよね。

(中にはお金をもらって紹介していますもんね。)
何を根拠に名医と言っているのか、根拠を提示しませんよね。
それなら自分で調べてみようと思いました。
学会情報、医師の論文などなど色々調べようと思っています。
美容整形の知識を人一倍欲しいです。
いったいそのような情報はどうやってみなさん調べているのでしょうか??

閲覧数:
2,333
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uiy********さん

2013/11/1121:05:38

あなたのお気持ちすごく分かります。
私自身名医と思っていて、受けていた医師が失敗だらけで、しかも学会の資格なんぞやらも自分で作ったりしていて、
でもってまったく普段は(内部から聞きました)海外の学会や勉強にも出かけていない、もう年老いているし、技術もセンスも古くて…という話を聞きました。
でもって鼻、L型を失敗されました。

が、僕は何の間違いもない、失敗ではない、とののしられました。

ヴェリテの福田先生は本当によく勉強されています。
また、真崎医院の真崎先生。知恵袋で結構見かけて知り合いの雑誌編集の方にも聞きましたが評判は良かったです。

ともにあまり宣伝をしていません。ホームページもあまりこっていません。
要は必要がないんだと思います。


あとはモニターを半額などで募集していたり、いつもなんかしら企画をしているクリニックは要注意。
あとは立地条件もあまりにも高い賃料のところにあるクリニックはおのずとそれだけで料金は高いし、名医とは程遠いと思います。

患者の数もそうですが、あとは勉強をしっかりしている先生。

ヴェリテの福田先生のブログ結構面白いですよ。
韓国でもかなり有名な美容外科医です。

美容外科学会は今荒れているそうです・・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

りんごさん

2013/11/1214:52:11

個人個人で合う合わないはあると思います。

お手軽なボトックスを何人かの医師に病院も色々やってもらいましたが、筋肉の流れも患者それぞれ違いがあるらしく(左右でも違う)大手だから高いから信用できるというものではない気がします。

ボトックスなどは失敗(目が釣り上がる)などは時間と共に戻るので、気に入らなかったときの先生の対応で判断します。(下手な人ほど患者の意見をきかず、失敗じゃないとかこれが普通とか言い張りますね。しかも今はもひどくて手術すれば綺麗になるとオーバーにいいまくる)

大きな手術の場合、病院によって全く手法が違ったりするので注意かなと思います。
知り合いが同時期にオールリフトアップをしたのですが、伊○クリニックでした人はもみあげが禿げてました・・・。今も生えてきません。
もみあげ部分とこめかみの髪の毛側ギリギリにに切れ目を入れてやってる感じで術後一週間へんな目指し帽みたいな引き締めるサポートマスクをかぶらされてました。糸で縫う手術。効果はあるようにみえませんでしたね。ハレがひいたらたるんでました。
高○クリニックでやった方は耳後ろからうなじの髪の生え際にかけて切れ目。ホッチキスで止めてましたw術後すぐは見るのも怖い感じでしたが、すんごく上がってました。変なマスクはなし。
これは10年以上まえの話なので参考にならないと思いますが、
鼻や顎のプロテーゼも色々な形やタイプがあるのですが医院によっては偏ったものしかなく、医院の好みの形を押してくるとこもあるので色々見てみるのもいいかもしれません。


個人的には、全体的には安いけど評判の悪い病院品○美容外科ですが、熊○先生がいい先生で通ってます。周りの評判もいいです。ボトックスとヒアルでメスいれるようなのはしたことないですが・・自然です。
ちなみに最悪なのは同医院の青○先生・・・二度と会いたくないですね。

有名所の高○や大○なども医院長より、メディアにでていなくても年齢的に中堅で医院の中でも今一番症例数が多い先生の方がよかったりするみたいですね。高○の医院長は実際あってお話したことがあるのですが(付き合いで、15年くらい前)洋風なお顔が好みのようでした。プロテーゼもそんな感じ。その当時高○にお礼奉公で医院に来ていた今はよく雑誌で見かけるアサ○先生はその洋風好みを否定しまくって技術にも文句言っていましたね・・w実際知り合いが両先生に施術してもらい、個人的には高○の医院長の方が私は好みでした。

カウセンリングに行った時に他の患者さん(色んな医院に言ってる方が多くて情報が多い)や年配目の看護師?さんに聞くとボロっと教えてくれたりするようです。
個人的には論文はあまり当てにならない気がします・・。

oko********さん

2013/11/1110:40:15

揚げ足を取るようですが、そもそも「名医」と言う言葉は医療を知っている人間同士では使うことは無い言葉です。
「名医」という言葉はすべての医療に精通していて最高の技術と知識を持っているニュアンスだと思うのですが、そういう人間は実際には存在しえないからです。
実際にいるのは非常に狭い分野でのスペシャリストだけです。いわゆる「第一人者」です。
手術を例にとると、それぞれの術式に第一人者と言える人がいますが、ふつう一つの疾患には複数の術式が存在しますから、その疾患の第一人者はいないことになります。一つの疾患でも個人個人で病態は違いますから最適の術式は患者さんによって変わるわけです。
ですから、しいて言えば名医とは患者さんを診察して病態を把握して最適な術者に紹介できる医師といえるかもしれません。
それぞれの手術の「第一人者」はいわゆる「専門バカなヲタク」な人が多く、多くの患者さんを満足させるような医師ではないのです。

ちなみに上記は医療一般についてのことです。普通の人でも必死に検索すれば「第一人者」は見つけられます。医学論文(英文が良い)をいくつも検索するとわかるはずです。まあ、一般の人には相当ハードルが高いですけれども・・・。
ところが、こと美容外科に関してはその方法が通用しません。
なぜなら美容外科医療の多くが科学的論拠に基ずく技術的更新があまり行われていないからです。特に日本においては美容外科を手掛ける医師はいわゆるアカデミックな医学界とは異質な人たちです。
ネットを検索すればすぐに独自の何々法という術式をかかげるクリニックが見つかります。しかしその術式はアカデミックな論文にに掲載されて医学界で認められているようなものではありません。
たしかに他の外科分野で何々法という名前があればそれはほぼ第一人者にとることが多いのですが、美容外科では自分で勝手に名前をつけているだけで、第一人者でも何でも無いことが殆どです。

ですから美容外科で「名医」みつけることなどほとんど無駄な努力です。
できることといえば、形成外科の基本技術を持っていて美容外科の経験が十分ある医師を探しだして、じっくり相談して治療を任せられると判断できるまで気長に構えることくらいでしょうか?

eye********さん

2013/11/1002:11:40

学会で論文きくとか、あれって一般人も入れるんですか?入ったとしてもきいてて意味分かりますか?

知識の究極は自分が美容外科医になるか、近い位置で(看護師とか)身につけるくらいですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる